引っ越し見積もり金額が決まるカラクリ!!値段が業者の”言い値”で決まってしまう理由と対策

引っ越し料金は、実際に業者に見積もりしてもらわないとどのくらいかかるのかはっきり分かりません。 そのうえ困ったことに、結局見積もりをしてもらったところで、その金額が高いんだか安いんだかよくわからないですよね。 何でその値段なのか、どのように決めているのか、疑問になりはしないでしょうか?

さて、そんな引っ越しの見積もり金額は果たしてどのように決まっているのでしょうか?

今回はそんな引っ越しの見積もり金額のカラクリに迫っていきましょう! 引っ越し料金はどんな内訳になっているのか、どのようにして決められているのかを理解していきましょう。

そして、何より気になるのは「どうすれば安くなるのか?」ですよね!

今回はもちろん、引っ越し料金が安くなる見積もりの方法やコツも解説しましたので、実践して最安値を狙ってみてください!!

1. 相場はあっても定価は存在しない。値段は業者との交渉次第!

さて、まず最初に引っ越し見積もりのポイントを理解しておきましょう。

引っ越し見積もりのポイント
  • 実質的に引っ越しには「定価」が存在しない
  • 交渉しなければ見積もり金額は業者の「言い値」で決まってしまう
  • 紹介割引や優待割引は実はほとんど意味がない
  • お得な料金で引っ越すのに重要なのは、見積もりの仕方と交渉力!

引っ越し費用の大きな特徴は、実質的に「定価」が存在しないことです。 なぜなら、引っ越しの見積もり金額は時期や荷物の量、引っ越しの距離、立地条件、さらには業者さんの予約状況など、様々な要素に左右されてその時その時で変わってしまうからです。 まったく同じ引っ越しなどないのですから、そりゃあ「定価」を用意することはできません。 逆に言えばだからこそ「見積もり」が必要なのです。

ただし、パック料金になっている日通やヤマトの「単身パック」などは距離に応じた料金表が明記されていますので、ある意味「定価」があると言ってもよいですね。 これは運ぶ荷物の量が「ボックスに入るだけ」と決まっていますので見積もりする必要がないワケです。 わかりやすくて便利ですね!

ただ、定価がないと心配なのは、見積もり金額の妥当性がわからないことです。 実際、そのような引っ越し料金の性質を利用して、相場より高めの見積もりを出してくる業者もいます。 このように、このように、こちらが無知のままでいると引っ越し料金は業者の「言い値」で決まってしまうのです!!

しかも、実を言うと紹介割引や優待割引と言った割引サービスの利用もほとんど意味がありません。 結局引っ越し料金を安くしたいのなら、王道ですがしっかり値引き交渉する他ないのです。

それでも心配はいりません。 コツややり方さえ知ってしまえば、値引き交渉は難しくないからです!!

それではまずは、下知識をつけて引っ越し業者と交渉する準備をしていきましょう。

2. 引っ越しに「定価」はない! 見積もり金額の決まり方

定価のない引っ越し料金ですが、それではどのように決まっているのでしょうか? まずはその内訳を見てみましょう。

① 引っ越し料金の内訳

引っ越し料金は簡単にまとめると、

  • 引っ越し料金 = 基本料金 + 実費 +オプション料金
  • 基本料金 = 運賃 + 作業料金

という風になっています。 つまり、引っ越し料金は「運賃」と「作業料金」を合わせた「基本料金」に「実費」と「オプション料金」を足したものってワケですね!

各業者の見積書を見ると、この通りの項目に分けられていないことも多々あります。 それでも中身や考え方は一緒です。

ここで重要なのは「基本料金」の部分です! でもその説明に入る前に、それ以外の2つを先に説明してしまいましょう。

② 実費とオプション料金

「実費」は高速代やフェリー代、あとは荷物の一時保管を頼んだ際の倉庫代などが当たります。 いったん引越し業者が立て替えますが、最終的に実費や立替金として請求されます。 その他だとたとえば、無料サービスでもらえる分以上にダンボールをもらった場合なども実費として料金に加算されます。

「オプション料金」とはメインとなる引っ越し作業以外に依頼した作業の料金で、たとえばエアコン工事代やピアノ輸送、クレーン吊り上げ料金などがこれにあたります。

「実費」は実際に引越し業者にかかっている料金ですし、「オプション料金」のサービス内容は主に下請け業者に外注することが多いので、これらの料金分は業者側からみたらあまり値引きできない分の料金と言えますね

③ 基本料金

基本料金とはつまり、メインとなる引っ越し作業の料金です。引っ越し作業のとは、以下の荷造り〜荷解きまでの一通りの作業のことを指します。

①荷造り → ②搬出・積み込み → ③輸送 → ④荷卸し・搬入・設置 → ⑤荷解き

この5つのステップすべてを業者さんに依頼することもできますが、最も一般的なのは荷造りや荷解きは自分でやって、② 〜 ④の部分をお願いするパターンですね。

これらのうち、③ の輸送の料金が「運賃」にあたり、それ以外の4つの作業の料金が「作業料金」にあたります

「運賃」にせよ「作業料金」にせよ、これらはの料金は引越し業者が国土交通省へ提出している「運送請負価格」をもとに決めることになっています。 しかしこの「運送請負価格」が曲者で、「荷造り作業は1人につき2時間あたり2,000円」とか決めていたらわかりやすいのですが、そうはなっておりません。

「運賃」は100km未満なら「時間制」で100km以上は「距離制」で計算することになっています。 時間制・距離制どちらの方法で計算する場合でも、重要になるのは「トラックのサイズと台数」です!

以下の表のように、トラックのサイズによって参照する料金表が変わってきます。また、トラックが2台になれば (割引などなければ) 単純に倍の運賃がかかります。

200224 mitsumori 01

近畿運輸局HP内の時間制・距離制運賃率表の一例

「作業料金」は、作業員1人あたりの料金として定めていて、いわば人件費です。「荷造り作業員料」「荷役作業員料」「開梱作業員料」の3つの項目があります。ただ、「上限いくら」「下限いくら」と幅を自由に持たせて提出するため、結果としてこの料金は大きく変動させることができるのです!!

  • 補足1 : 荷役作業員とは、搬入出や積み込み・荷卸しの作業にあたる作業員のことです。
  • 補足2 : 運賃も上限と下限がありますが、あちらは基準値を決めて上下10%以内となっているので大幅には変わりません。

だから時期によって料金が違ったり、大幅な値引きができたりするのです。 そのため、見積もりを出してもらってまったく値段交渉をしなければ、業者の言い値で決められてしまうことにもなるのです!!

ただ、このような仕組み自体はある程度仕方ない面もあります。 引っ越しはシーズンや荷物量、移動する距離、立地条件などさまざまな条件を考慮して価格を決める必要がありますので、単純にいくらと価格を決めておくことはできません。 そのため届出も上限と下限を定めておくことまでしかできないのです。

ちなみに、見積もりを提示するときに「定価だと○○○○円なんですけど、」なんて言い方をする業者もいるのですが、ここで言う「定価」とは「運送請負価格」で定めた上限値を使って算出した料金のことです。本来伝えたい見積もり金額を安く見せるための一つの技ですね。

ここまでのことを踏まえて大事なポイントをまとめておきましょう。

引っ越し料金の内訳のポイント
  • 引っ越し料金 = 基本料金 + 実費 +オプション料金
  • 基本料金 = 運賃 + 作業料金
  • 引越し業者は「運賃」と「作業料金」の各項目を「運送請負価格」として国土交通省に提出している
  • 「運賃」は距離やかかる時間による料金表になっている。また、トラックのサイズによって参照する料金表が変わるので、トラックサイズが変わると運賃も変わる
  • 「基本料金」はいわば人件費。上限と下限を自由に決めて提出できるので、引越し条件や時期によって基本料金は大きく変動する

3. 実際の見積もりの決まり方 〜どれくらい値引きできるのか?〜

さて、引っ越し料金の内訳はわかりましたが、では実際にはどのようにして見積もり金額が決まっていくのでしょうか? 業者さんの営業担当が何を考えて料金をはじき出しているのか、解説していきましょう!

以下の例は通常の引っ越しプランの場合です。「単身パック」などは除きます。

① 引っ越しは近距離〜中距離なのか? 長距離便になのか?

まずなにより重要なのは1日でサクッと終わる近距離〜中距離の引っ越しなのか、それとも数100kmの長距離引っ越しなのかで考えも見積もりもまったく違います。

長距離便になると、「混載便」や「戻り便」は利用できないか? なども検討しますので、日程の確認なども必要です。 それらが使えるのと使えないのでは数万円単位で見積もり金額も変わってきますので、お客さんと話し合った上で最適なやり方を考えていく必要があります。

② 「荷物量」はどのくらいか?

「荷物量」がどのくらいなのかですね。 荷物量によって手配するトラックのサイズや台数、それに必要な人員は何人か考えます。

荷物が多くなればなるほど、大きいトラックが必要ですので基礎運賃が高くなりますし、人員も追加され作業料金も一気に上がります。このトラックサイズ・作業員数は見積もり金額を決めるポイントの一つなので覚えておきましょう!

チェック
  • トラックサイズによって見積もりは大きく変わる
  • 作業に必要な人員の数で見積もりは大きく変わる
  • トラックサイズは荷物の量で決まる。また、人員数を決めるのにも荷物量は大きく関わる

③ 作業に要する「時間」

引っ越し業者にとって一番重要とも言えるのがこの「時間」です。 引っ越し業者が利益を追い求める上で何より重要なのは「1日に何件の仕事をこなせるか」です。 業者側からみれば、正直なところ単価の大きな仕事1件やるよりも楽に終わる仕事をたくさんやるほうがメリットが大きいです。 そのため「いかに早く終わるのか?」は自社の利益のためには非常に重要なのです!!

作業時間を決める要素はいろいろあります。 距離や荷物量はもちろんのこと、トラックが停めやすい立地なのか、道は渋滞しやすくないか、何階から何階の引っ越しなのか、分解・再組み立てが必要な家具はどのくらいあるか、などなどの条件で作業にかかる時間は変わります。

そして、業者側の本音として、時間がかかならない簡単な引っ越しなら値引きしてでも是非受けたい仕事です。 そのため、積極的な値引きをしてもらいやすくなります

逆に、時間がかかってしまう引っ越しをとってしまうとそこに人員もトラックも注ぎ込まなければならず、他の仕事が取れなくなってしまうのであまり積極的に取りたい仕事ではありません。 つまり、あまり値引きしてくれないワケです。 特に、人手が足りないくらいの繁忙期では時間がかかる仕事で効率落とすのは避けたいので、見積もり金額は非常に高くなってしまいがちです。

2018年、2019年の引っ越し繁忙期シーズンでは家族での引っ越しがなかなか受けてもらえず、見積もり金額も数十万、場合によって100万円を超えるものすら出てきて「引っ越し難民」というワードが話題になったのは記憶に新しいですね。 家族の引っ越しで引っ越し難民が増えたのにはそういう事情もある訳ですね!

ただし、暇な閑散期の平日とかなら人手は余っていることが多いため、むしろそのような単価の高い仕事は業者側にとっても嬉しい限りです。 そういう場合は値引きもしてもらいやすいでしょう!

チェック
  • 業者にとって効率よく仕事して利益を上げられる「時間のかからない仕事」は是非自社で引き受けたいので積極的な値引きを受けやすい
  • 逆に、「時間がかかってしまう仕事」は業者にとって暇な日でないと値引きを受けにくく、高い見積もりになりやすい

4. 実は意味がない紹介割引や優待割引

ところで、引っ越し料金を安くするための方法として、契約した不動産屋の「紹介割引」や持っているクレジットカードの「優待割引」などの割引サービスを利用しようと思っていたりしませんか?

実を言うと、これらのサービスを利用してもほとんど見積もり料金は変わりません

理由は簡単で、そもそも定価がありませんので、割引サービスで安くする分そもそもの基本料金を上げることができてしまうからです。 その証拠に、それらの割引サービスの利用条件には必ず「見積もり前にご提示ください。見積もり完了後のご利用は致しかねます」と言った一文が書かれているはずです。 最終的な料金から値引きしてくれるつもりだったら、この利用条件いりませんよね!

それどころか、実を言うとそれらの割引サービスを利用することで見積もり金額が高くなってしまうことすらあります。 それらの割引サービスを使うことで、引っ越し業者から紹介元への「中間マージン」が発生しますので、下手するとその分見積もりに上乗せされる場合もあるのです。。。 これはちょっとひどいですね。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!!

「定価」がない引っ越しでは割引サービスは無意味!? 本当に安くする方法は?

2020年2月23日

5. 限界まで値引きしてもらうには「相見積もり」をしよう

ここまでで引っ越しの見積もりがどのようなものなのかはよく理解できましたか? それでは、いったいどうすればできるだけ安い見積もりをしてもらえるのでしょうか?

そのためには、シンプルで王道な方法を使うのが一番です。 引っ越し費用を抑えるのに必要なことはたった2つだけです。

より安い業者を探す」ことと「うまく値下げ交渉をする」ということ、それだけです!

そのために有効なのが「相見積もり」を取ることです。 「相見積もり」とは複数の業者に見積もりしてもらって比較することを言います。 相見積もりをすると安くできるのには以下のような理由があります。

相見積もりで引っ越し費用安くなる理由
  1. 相見積もりをすることで、業者の営業担当に「価格競争」の意識が生まれて値引きしてくれやすくなる
  2. 複数の業者の意見を聞くことで今回の引っ越しの条件や相場がだんだん掴めてくるので、値引き交渉を有利に進めやすくなる
  3. 他の業者の見積もり金額を使って「これよりも安くなりませんか?」と値段交渉することができる

このように、相見積もりをすることでこちらも値段交渉がしやすくなる上に業者側も「他社に勝てるだけの値引きしてうちで決めてもらおう」と考えますので結果としてどれか1社にただ見積もりを依頼するよりも安くなるのです!!

6. 簡単に相見積もりをして最安値をつかむ方法

そんな相見積もりですが、デメリットは手間がかかることです。 複数の業者の営業と電話をして見積もりしてもらって、ってだけでも面倒ですが、実際やることはそれだけではありません。 まずはそもそも今回の現住所から新住所への引っ越しに対応できる業者を探すことから始めなければなりません。

大手はまだしも地域密着の中小企業なんかはなかなか探しにくいですし、あまり家から遠い業者を選んでも結局見積もりが高くなってしまいあまり意味がありません。 そのようなことを考慮しながら相見積もりする業者を探すのは意外と面倒です。

さらには同じような受け答えを3度も4度もするのだって面倒ですね。

そこで便利なのが『引越し侍』や『LIFULL引越し』などの「一括見積もりサイト」を利用することです!! 「一括見積もりサイト」とは、ホームページの入力フォームに引っ越し前後の住所や家族の人数、運びたい荷物の目安などを入力するだけで、提携された数多くの引っ越し業者の中から条件にあった複数の業者に一斉に見積もりをかけてくれるサービスのことです。 フォームへ入力した情報は各社に届けられますので、住所などの基本的な情報をそれぞれの業者にいちいち説明する手間も省けます

しかも利用は無料で、それどころか特典がもらえたりキャッシュバックが受けられることすらあります。 一括見積もりサイトを利用して最安値を探すには、以下のような手順を踏んでいくのがオススメです。

一括見積もりサイトを利用して最安値をつかむ手順
  1. 一括見積もりサイトのフォーム入力を済ませる
  2. かかってくる電話に順番に出て、電話見積もりをしてもらうか訪問見積もりの日時を予約をしていく
  3. 最初に見積もりしてもらった業者Aには見積もり金額を聞いたら「他社とも比較したいので、検討してまた電話させていただきます!」と一旦断る
  4. 2社目の業者Bの見積もりのとき
    • Aより安い場合 : 先ほどと同じく「他社とも比較して連絡します!」と一旦断る
    • Aより高い場合 : 「先に見積もりしてもらった業者さんでもっと安いところあったのですが、どこまでなら値下げできますか?」と聞いてみる
  5. AとBの見積もり金額のうち安かった方を基準にして、3社目以降も同様に繰り返す
  6. 一通りの業者の見積もりが出揃ったら最後にAにもう一度電話をかけて「他社でA社さんよりも安いところがあったのですが、A社さんはいくらまでなら値下げできますか?」と交渉してみる。
  7. これで各業者の最安値を一通り引き出したことになるので、あとは口コミや営業担当の感じの良さなども考えて依頼先を決める

この手順を踏んでいけば最安値を狙うことができるでしょう!! また、上の手順を実行していくにもいくつか覚えておきたいポイントがあります!

相見積もりをするときのポイント
  • 見積もりをしてもらう際は「値段重視で選ぼうと思っている」とハッキリ伝える
  • もちろん最終的な判断では値段以外を重視してもOK。あくまで少しでも安い見積もり金額を引き出すための技
  • 「即決ならこの価格で」と言われてもビビらずに「他社と比較検討してから決めたい。あとでまた電話します」と一度断り、絶対にその場では判断しない
  • もともと狙っている業者があるときは、その業者を一番最後に見積もりする。( → 最後の業者との見積もりまで来ると情報も出揃っているし、こちらも知識がついているので値段交渉を有利に進めやすい!)
  • 基本的に他社の見積もり金額を具体的には伝えない (→ 伝えてしまうと「それより安く提示しとけばいいや」ってなってしまうのでその業者の最安値を引き出せない)
  • 最後の1社の見積もりやA 社に電話をかけ直す際は、最終的にはここまでの最安値の金額伝えて勝負しても良い

これらのポイントを踏まえることで、上の手順がより活きてきます! 是非参考にしてみてください!!

7. まとめ

これにて今回の記事は以上です。 最後に内容をおさらいしましょう!

まとめ
  • 実質的に引っ越しには「定価」が存在しないので、交渉しなければ見積もり金額は業者の「言い値」で決まってしまう
  • 紹介割引や優待割引は実はほとんど意味がない
  • 割引サービスではなく、王道に相見積もりを取って値引き交渉するのが引っ越し費用を抑える唯一の方法
  • 相見積もりをするなら一括見積もりサイトの利用すると便利!!
  • 一括見積もりサイトを使う際は、ポイントを抑えてうまく値段交渉をすることで最安値を引き出せる

今回は以上です!! なお、今回紹介した一括見積もりサイトについては以下の【あわせて読みたい】の方で詳しく解説しております。 是非参考にしてみてください!!

それでは、よりスムーズでお得な引っ越しができることを願っております!!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です