洗濯機の水抜きとは? 引っ越し前日の洗濯機の準備について解説!!

いよいよ引っ越し前日。 やり忘れている準備はないでしょうか? たとえば洗濯機や冷蔵庫の水抜きはもうお済みですか?

引っ越し前日には「冷蔵庫の霜取りと水抜き」「洗濯機の霜取り」「灯油ストーブ内の灯油を空にする」という3つの準備をしておくことが必要です。

これらのことをしておかないと、当日追加料金がかかってしまったり、水が漏れてしまって床や荷物が濡れて汚れてしまったりという可能性があります。 最悪の場合、トラックの中で水が漏れて他の家電が壊れてしまったり、ダンボールの底ががびちゃびちゃになって壊れてしまったりということも。

実際のところ、どの作業もいざやってみたら難しいことではありません。 今回は洗濯機の水抜きについて解説しますので、手順を確認しながらサクッと完了させてしまいましょう!!

1. 洗濯機の水抜きは簡単! 20分もあればできる!

洗濯機は引っ越し前日に「水抜き」という作業をしておく必要があります。 これは、洗濯機の内部やホースの中に溜まった水を除去して引っ越し中に漏れ出すのを防ぐための作業です!!

やってなくても洗濯機を運ぶことはできますが、その場合は搬出の際やトラック内で水が漏れ出すことは覚悟しなければならず、床や荷物が濡れてしまって汚れたり壊れたりしたって文句はいえません。 特にドラム式洗濯機の場合は輸送中に故障する原因にもなり得るので注意が必要です。

作業のやり方は簡単なので10分〜20分もあれば終わってしまいます! ドラム式の場合はほんの少しやることが増えますが、そうは言っても難しいことはありません。 やり方を確認して、しっかり前準備を済ませておきましょう!

洗濯機の水抜きとは?
  • 洗濯機内やホースの中に溜まった水を除去する作業
  • やっておかないと引っ越し当日、搬出中やトラック内で水が漏れ出て床や他の荷物が濡れてしまうこともある
  • 水抜きは10〜20分もあればできる簡単な作業

2. 洗濯機の水抜きのやり方

洗濯機の水抜きは前述した通り非常に簡単です。やり方は以下の通りです!!

洗濯機の前準備
  1. 給水ホースの水抜き : まず給水の蛇口を閉めて、洗濯機を1分程度回して停止します。そしたら給水ホースを取り外します。
  2. 本体と排水ホースの水抜き : 今度は脱水モードにして一番早く終わるコースで回します。終わったら排水ホースを取り外します。
  3. コンセントとアース線を抜いておきます。
  4. できれば洗濯機や周りの埃を掃除しておくとよいでしょう。
  5. 給水ホースは洗濯槽にでも入れておきます。排水ホースやコンセント、アース線は搬出の際に邪魔にならないよう養生テープで留めておくとGoodです

縦型洗濯機の場合はこれで完了です!! 実際のところ、②までやっておけばあとは業者さんに任せてしまってもOKです

また、作業をするときは、ホースを外したときに汚れた水が漏れ出ますので、雑巾などを用意しておきましょう!!

◎ ドラム式洗濯機の場合

ドラム式洗濯機をお使いの場合はやることが少しだけ増えます。 ドラム式洗濯機の場合、洗濯槽が宙ぶらりんになっている構造上振動や衝撃に弱く、そのまま運ぶと最悪壊れてしまうことがありますので、必ず前日準備を行いましょう!!

やるべきことは、上記の縦型洗濯機と同様に作業したあと、最後に洗濯槽の固定をします。 購入時に付属していた固定ボルトを使用して洗濯槽を固定しましょう! 洗濯機の裏側に固定ネジを取り付けるところがありますので、そこにネジを入れて固定します。

200216 senntakuki mizunuki 02

↑ 固定ボルトの例

200216 senntakuki mizunuki 01

↑ SHARPの公式HPより

ちなみに、必要な前準備をしておかなかったことが原因での故障の場合、引っ越し業者もメーカーも保証の対象外となってしまいますので十分注意しましょう!!

3. 注意点

水抜きの際に注意したいのが「エルボ」を外して持っていってしまわないことです!!

200216 senntakuki mizunuki 03

↑ エルボ

エルボは洗濯機に付属の部品ではなくて「家の備品」です!! 万が一持っていってしまうと後ほど管理会社から連絡がくることがあります。 余計な手間になってしまいますので気を付けましょう!

4. まとめ

以上洗濯機の前日準備について解説しました。 もう一度ポイントのおさらいをしておきましょう!

水抜きのやり方
  • 洗濯機内部やホース内に溜まっている水を抜く作業のことを「水抜き」という
  • 水抜きをしないと搬出中やトラック内で汚れた水が流れ出てしまい、床や他の荷物が濡れてしまう
  • ドラム式洗濯機は洗濯槽を固定ボルトで留める
  • エルボは家の備品なので持っていかない
  • 水抜きのやり方 (※ ②までは必須)
    1. 給水ホースの水抜き : まず給水の蛇口を閉めて、洗濯機を1分程度回して停止する。その後給水ホースを取り外す。
    2. 本体と排水ホースの水抜き : 脱水モードにして一番早く終わるコースで回す。終わったら排水ホースを取り外す。
    3. コンセントとアース線を抜いておく。
    4. できれば洗濯機や周りの埃を掃除しておく
    5. 給水ホースは洗濯槽に入れてくとよい。排水ホースやコンセント、アース線は邪魔にならないよう養生テープで留めておく

これにて以上です!! なお、引っ越し前の水抜きは洗濯機だけでなく冷蔵庫も必要です。 もしまだお済みでないのならこちらの記事も参考にしてみてください!

わからないことは早めに確認してもらって、あなたの引っ越しがスムーズなものになれば何よりに思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です