単身引っ越しに西濃運輸の単身パックはどう? 徹底解説!

単身引っ越しが安く済ませられると人気の単身パック。 荷物少なく最小限の引っ越しがしたい方にはぴったりなプランで人気があります。

単身パックと言えば日通とヤマト非常に有名で、それについで佐川急便といった感じですが、それら3社のパック内容は割と似た感じになっています。

単身パックでトップを走る日通には「単身パックS」と「単身パックL」という2つのプランがありますが、ちょうどヤマトは「単身パックL」と同じ感じですし、佐川は「単身パックS」と似たような感じになっています。

そんな中で注目したいのが「西濃運輸」の単身パックです! 西濃運輸はそれら3社のプランとは違った特徴を持った単身パックを展開しています。 もしかすると西濃運輸の方が自分の希望にバシッと合うかも知れませんので、単身引っ越しをするならぜひ知っておきたい業者のひとつです。

今回はそんな西濃運輸の単身パックについて解説していきましょう。

1. 西濃の単身パックは他社とは違って特徴あるプラン

西濃運輸の単身向けプランは「カンガルー単身MAX+1」という単身パック1つのみになっています。!

もともとは「カンガルー引越便 (パック料金)」というプランもありましたが、こちらは現在どの支店でもやっていないそうです。 ただ、未だに西濃運輸の公式HPにもプランの記載が残ってしまっておりますので注意しましょう!

カンガルー単身MAX+1」は先ほどもお伝えした通り日通やヤマトなどとはちょっと違った特徴のあるサービス内容となっていますので、単身引っ越しならぜひ検討してみたいプランの一つです! まずはその特徴をまとめてみましょう。

西濃運輸の単身パック「カンガルー単身MAX+1」
  • (普通の単身パックと同じく) 1ボックスあたりで基本料金が決定
  • (普通の単身パックと違って) 訪問見積もり必須。階数や立地などで料金が発生する場合あり。
  • 業界最大級の大きな専用ボックスを使っており、しかもそれとは別に自転車1台までOK
  • 荷物多めの単身引っ越しに便利!

特徴を見て分かる通り、単身パックと通常の引っ越しプランの中間的な立ち位置と言えるプランでしょう!!

2. 「カンガルー単身MAX+1」のプラン内容

それでは、特徴のある単身パック「カンガルー単身MAX+1」の内容をみていきましょう!

① 専用ボックスを使った単身向け引っ越しプラン

このプランも日通などの単身パックと同じように、専用のボックスに荷物を入れて運ぶのが1つの特徴です。 料金も1ボックスあたりの基本料金が設定されており、そのあたりも他社の単身パックと似ている点と言えるでしょう!

また、このプランの一つの特徴として、配送時間を「9:00~12:00」「12:00~15:00」「15:00~18:00」「18:00~21:00」の時間枠から選べるという点も挙げられます。宅急便のようで使い勝手がいいですね!!

② 業界最大級のボックスサイズ。さらに別枠で自転車1台もOK

ただしこのプランが他の単身パックと大きく違うのは、1ボックスで運べる荷物の量です。 ボックス自体の大きさがかなり大きめに設定されており、内寸が幅115cm × 奥行128cm × 高さ170cm、体積にして2.5㎥となっています。

比較として、ヤマトのボックスサイズは 104 × 104 × 170 cm です。 高さこそ同じですが幅も奥行きも大きくなっており、体積にすると約40%の違いがあります。

さらに、「カンガルー単身MAX+1」の場合は自転車1台を別枠で運んでくれるサービスがついていますので、運べる荷物量にはかなりの差があると言って良いでしょう!!

③ 料金体系

距離に応じて1ボックスあたりの基本料金が設定されており、それに加えて時期や曜日などによる割増料金がかかります。また、割引サービスもありまして、2つ以上のボックスを使う場合の「複数ボックス割」、2週間以上前からの予約による「早割」が設定されています。 ここまでの料金体系は他社の単身パックと似た感じですね!!

ただし、日通やヤマトの単身パックが今あげたような要素だけで料金が決まる明瞭な料金体系であるのに対して、西濃運輸の「カンガルー単身MAX+1」の場合はそこまででは概算見積もりであり、確定の料金は訪問見積もりをして計算されます

電話で問い合わせてみたところ、立地条件や階数によって料金が加算されてしまうこともあるようでしたので、このあたりは単身パックというより通常の引っ越しプランに寄った感じですね。

一見するとそれはマイナスな要素に見えますが、訪問見積もりをしてもらえば作業当日になってのトラブルを避けられることにもなりますし、見積もりの中で値下げ交渉の余地もありますので、全くもってマイナスとは決め付けない方が良いでしょう。

④ プランの注意点

「カンガルー単身MAX+1」を利用する注意点がいくつかあります。リストにしてまとめておきましょう。

  • 当日もし荷物がボックスに収まりきらなかった場合は追加料金
  • ダンボールなどの資材は必要なら有料販売
  • 使用したダンボールの回収サービスは有料
  • 電動自転車や3万円以上の高価な自転車(ロードバイクなど)はサービス対象外
  • 繁忙期(3/15〜4/10)は配送時間を「午前」「午後」の2区分からしか選べない
  • 沖縄はサービス対象外
  • 他の割引サービスの適用対象外

黒字で示したものは、たいてい他社の単身パックでも共通のものとなっていますが、赤字で示した項目はよく注意しておきましょう!!

なお、ダンボールが欲しい場合は有料ですが1枚単位で販売・配送してくれるようなので、そこは他社よりも良心的でしょう (他社では大抵セット販売なので無駄が多くなってしまいます)。

3. 西濃運輸の単身引っ越し費用の相場

さて、気になる料金相場はどのくらいなのでしょうか?

「カンガルー単身MAX+1」の場合は日通やヤマトの単身パックと違って要見積もりのプランなので、ハッキリしたことは見積もりを出してみないと分かりません。 参考までに、関東圏内での1ボックスあたりの基本料金を電話問い合わせしてみたところ38,000円とのことでした。 また、割増料金や割引サービスについては西濃運輸のHPで確認できます。

  • 割増料金 (1ボックスあたり)
    • 繁忙期 (3/15〜4/10) : +5,000円
    • 土日祝日 : +2,000円
    • 夜間配達 (18:00〜21:00) : +3,000円
  • 割引
    • 複数ボックス割 : 1本につき-1,000円
    • 早割 : -1,000円

ただし、見積もりがあるということは値下げの余地はあると思いますので、「カンガルー単身MAX+1」を検討の際は「相見積もり」をして値下げ交渉してみましょう!

相見積もりをするなら「一括見積もりサイト」を使うことで少ない手間で済む上よりお得になりますので、是非利用してみましょう!

引越し費用が安くなる「一括見積りサイト」とは? 気をつけるべきポイントも徹底解説!

2019年12月16日

4. まとめ

以上、西濃運輸の単身向けプランについて解説しました。内容をまとめてみましょう!

まとめ
  • 西濃運輸には「カンガルー引越便 (パック料金)」と「カンガルー単身MAX+1」という2種類の単身向けプランがある
  • 「カンガルー引越便 (パック料金)」の方は、日通やヤマト、佐川の単身パックに似た感じのプランだが、ボックスは使わず荷物の総量ごとのパック料金プラン
  • 「カンガルー単身MAX+1」は少し荷物多めの単身者に向いており、単身パックと普通の引っ越しプランの中間的な特徴のあるプラン
  • 「カンガルー単身MAX+1」の利用を検討したい際は、相見積もりをして値下げ交渉!

これにて以上です! あなたの引っ越しにマッチした、お得な業者探しに少しでもお力になれたなら幸いです!!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です