Sgムービング (佐川急便) の単身パックって実際どう? 他社の単身パックと比較検討!!

引っ越し費用を安く抑えられると噂の単身パック、実は、現在最も利用者が多い引っ越しプランであるとご存知でしょうか? 単身パックとは、専用のボックスに荷物を入れて運ぶ単身向けの引っ越しプランで、料金が明瞭なパック料金になっているものを言うのが一般的です。 限られた荷物量しか運べないデメリットはあるものの、安く引っ越せることで人気となっています!!

そんな単身パックですが利用できる業者は意外と少なく、宅配業などと兼業している日通、ヤマト、佐川などが有名です。 今回の記事では、その中から佐川急便 (正確には佐川ホールディングスの引っ越し部門『Sgムービング』)が展開する単身パック「カーゴプラン」を中心に、Sgムービングの単身引っ越しについて見ていきましょう!

でもその前に、「そもそも単身パックってなに?」という方はこちらの記事をご覧ください!!

以下では「Sgムービング」ではなく単に「佐川」と書かせて頂きますのでご了承下さい。

1. 佐川の単身パックは無料サービスがメリット!! 他社との比較が重要

佐川が展開する単身パックは「カーゴプラン」と言いまして、他社と同様専用のボックス (佐川では「カーゴ」といいます) に入れて荷物を運ぶプランです。単身パックでは佐川の他に日通とヤマトが有名ですが、比較するとどうなのでしょうか?

結論としましては、佐川の単身パックも他社としたときメリット・デメリットがありますので、状況によってどの会社を選択するのがベストかは変わってきます。とは言え、それだけを言っても面白くありませんので、佐川のカーゴプランの特徴をまとめておきましょう!

佐川のカーゴプランまとめ
  • 使用するカーゴは日通の「単身パックS」と同程度 (比較するとやや小さい)
  • 料金プランは日通・ヤマトは明瞭料金な定額制なのに対して、佐川は見積もりが必要 (ネット上だけでは「概算見積もり」までしか出せない)
  • 見積もりがある分手間は増えるが、日通やヤマトよりお得なこともある (逆パターンもあり)
  • 他社では単身パックの場合有料なダンボール回収などのサービスが無料で受けられるメリット
  • 航空便があるので長距離引っ越しが速最短翌日で完了することも!! (利用できる地域に限りあり)

2. 佐川の単身パックの特徴

佐川のカーゴプランも基本的なことは日通やヤマトの単身パックと同様です。 専用のカーゴに荷物を入れて運ぶ「混載便」 のサービスです。 その特徴を見ていきましょう。

① 佐川カーゴプランの3つの特徴

佐川のカーゴプランには2つの種類のコースがあり、通常の「単身カーゴコース」とジェット機を利用する長距離用の「単身AIR CARGOコース」とがあります。 航空便を単身パックで利用できるのは佐川の他社にはない特徴のひとつでしょう!! これを利用すれば、東京 – 福岡などの遠距離引っ越しが最短翌日とスピーディーに完了できるようです。

2つ目の特徴であり、佐川の単身パックの他社にないメリットとして挙げられるのが、他社の単身パックでは有料な不要になったダンボールの回収サービスが無料で受けられることでしょう。

なお、通常の引っ越しプランとは違って梱包資材は有料販売です。 なぜかネット上では佐川なら無料でダンボールがもらえると書かれたページが多いのですが、コールセンターに問い合わせしたところ、カーゴプランでは中古ダンボールの提供などもしていないとの回答でした。

このように公式ではもらえないとの回答でしたが、もしかしたら事業所の判断でもらえる場合とかがあるのかも知れませんね。 佐川に依頼するのなら試しに聞いているだけ聞いてみるのはアリかと思います。

そして3つ目の特徴は、料金体系が定額制ではなく要見積もりであるということです。 日通やヤマトはWebサイトを見れば料金表がのっており、割増料金についても明確に記載があるため、いくらになるのか自分でも試算できるよう明瞭料金になっています。

それに対して佐川のカーゴプランですが、こちらもネット上に1カーゴあたりの料金が記載されてはいますが、確定の料金までは分かりません。 ネット上ではあくまで「概算見積もり」までしか出せず、通常の引っ越しプランなどと同様見積もりをしてもらって確定料金を出してもらう形になります。

これについては良し悪しです。 見積もりの中で値引き交渉ができるので、結果として他社より安くできる場合もあり、一概に悪いとは言えません。しかしながら、見積もりには手間がかかってしまいますし、条件によっては概算見積もりよりだいぶ高くついてしまうこともあるようです。

そのような特徴を踏まえると、佐川の単身パックを検討するなら、先に日通かヤマトで見積もりを出しておいて、それを踏まえて佐川に見積もりを出してもらうのが吉だと思います!!

② カーゴの大きさは? どのくらいの荷物が入る?

単身パックで気になるカーゴの大きさですが、佐川で利用しているカーゴは高さ145cm × 幅100cm × 奥行75cmのようです。だいたい日通の「単身プランS」と同じくらいですね (細かく言うと佐川の方が若干小さいです)。

では、実際どのくらい荷物が入るでしょうか? 公式サイトではこのように記載されています。

  • テレビ
  • ミニコンポ
  • 掃除機
  • デスクトップPC
  • カラーボックス
  • 座卓
  • ダンボール5個

また、ほぼ同じサイズの日通の「単身プランS」で写真付きの例がありますので、こちらからイメージできるかなと思います。

200206 hikkoshi tannshinnpack toha 01
『日通』公式ホームページより

こちらの日通の例では、以下のものが納められています。

  • 2ドア冷蔵庫
  • 20インチTV
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 3段カラーボックス
  • 姿見
  • 布団一式
  • ダンボール(Mサイズ) × 4

上の例の通り、冷蔵庫と洗濯機の両方を入れるには心許ない大きさです。 カーゴ一つで家具家電までしっかり運ぶのは難しいですが、家具家電付きの物件やシェアハウスなどに最小限の荷物を送る場合などで用いるのにはベストすね!

また、複数のカーゴを使うこともできますので、2つカーゴを使えば冷蔵庫・洗濯機なども含めて一通り必要なものは送れるでしょう。 ただ、3つ以上カーゴを使うようですと通常の単身向け引っ越しプランの方が安くなってしまう可能性が高いので注意しましょう。

あるいは、同じ佐川で展開している「単品プラン」という家具ひとつから配送できるサービスと組み合わせて使うのも良い選択肢です。 これを使えばベッドやソファなどのカーゴに入らない大きな家具家電も運ぶことが可能ですね!!

③ 「単身AIR CARGOコース」について

先ほど佐川の特徴のひとつに挙げた「単身AIR CARGOコース」について少し解説しましょう。 こちらのコースはジェット輸送機を使った遠距離引っ越し用のコースとなっており、東京 – 福岡の遠距離でも最短翌日配送と非常にスピーディーな引っ越しが特徴です。

ただし、対応エリアが非常に限られるという注意点があり、以下のコースしか利用できません。

  • 東京 – 福岡 – 札幌 間での引っ越し
  • 札幌発 – 大阪着の引っ越し

これに該当する場合は検討してみるのもありでしょう。 ジェット機輸送と聞くと料金もさぞ高いのだろうという気がしてしまいますが、実は通常の単身カーゴコースとさほどは変わりません。しかもこちらでは専用のカーゴが使われており、サイズが 高さ142cm × 幅139cm × 奥行き149cmになるので、通常のカーゴプランよりもだいぶ容量が増えます。場合によってはこちらの方がお得な場合もあるでしょう!

なお、「単身AIR CARGOコース」は「Sgムービング」ホームページのトップページには記載がないのですが、カーゴプランで見積もりに進むとコース選択から選ぶことができるようになっています。ちょっと分かりにくいですね。

佐川のカーゴプランの特徴
  • 空輸便の「単身AIR CARGOコース」が利用でき、遠距離引っ越しが最短翌日とスピーディーに完了できる
  • 単身パックでも引っ越し後のダンボール回収サービスが無料で受けられる
  • カーゴのサイズは高さ145cm × 幅100cm × 奥行75cmで、だいたい日通の「単身プランS」と同程度
  • 料金体系が定額制ではなく要見積もりなので、日通やヤマトとの比較が重要

3. カーゴプラン以外の単身向けプラン

佐川の単身向けプランではもちろんカーゴプランが最もポピュラーなのですが、それ以外にも単身引っ越しに適したプランがあります。

① チャータープラン

佐川急便のチャータープランは特徴があり、トラックとドライバーだけ手配してもらう契約となっており、輸送 (つまり運転) 以外の引っ越し作業はすべて自分たちで行うことになっています。 その代わり費用はだいぶ抑えられるといったプランですね!!

ただし、カーゴプランよりも安いかと言われればそうでない場合が多いので、こちらを利用するメリットとしてはベッドなどの大きな家具が運べることでしょう。

「カーゴプランに単品プランを付け足して〜」とかやるよりはこちらのプランで自分たちで作業した方が安く上がる可能性は十分あります。 作業する人員を確保できることが前提ですが、それが可能なら検討したい選択肢の一つです。

② スタンダードプラン

これは一般的な引っ越しプランです。小物類のダンボール詰めなどを引っ越し当日までに自分たちで終えておけば、当日は作業員さんが搬入までの一通りの作業をやってくれます。引っ越し作業後、荷解きは自分たちで行うことになります。 大物の家具家電の梱包・解梱は作業員さんが当日行ってくれますので安心です。

もちろん、ダンボールなどの梱包資材は無料でもらえますし、引っ越し後のダンボール回収などの無料サービスも受けることができます。

スタンダードプランは「少量コース」「1部屋コース」「2部屋コース」などに分かれているので、間取りや荷物量に合わせて適したものを選んで見積もりしてもらいましょう。

③ 単品プラン・宅配便

佐川では、自分では運べないような大物家具家電を1つ単位で搬出・輸送・設置までしてくれる「単品プラン」というプランも用意されています。

単身パックでも余るくらいの荷物量の場合、「単品プラン」+「宅配便」という選択肢も考慮にいれてみると最安値を掴める場合があります。 佐川の場合単身パックでも見積もりがありますので、このような選択肢について相談してみることができるのも「アート引越センター」や「サカイ引越センター」などの引越し専業業業者にはないメリットでしょう。

4. 佐川のカーゴプランの料金相場

他社にないメリットもある佐川のカーゴプラン。そうなるとやはり気になるのは、料金は果たして安いのか?ということですよね!!

佐川のカーゴプランも概算見積もりにはなりますが、ネット上で1カーゴあたりの料金をが調べられるようになっています。一例として、繁忙期以外で東京から主要都市へ引っ越す場合の料金を表にまとめてみましたので、参考にしてみてください!!

引っ越し先 距離の目安 料金
札幌 1000km 39,900円〜
仙台 300km 27,300円〜
東京 10km未満 21,000円〜
横浜 50km 22,050円〜
さいたま 30km 22,050円〜
名古屋 300km 27,300円〜
大阪 500km 29,400円〜
福岡 1000km 37,800円〜
那覇 2000km サービス対象外

◎ 単身AIR CARGOコースの料金相場

ついでに、航空便を利用する場合の相場も確認しておきましょう! こちらは利用できる経路が限られていますので、一覧表にしておきます。

区間 料金
東京 ⇄ 札幌 43,000円〜
東京 ⇄ 福岡 38,000円〜
福岡 ⇄ 札幌 64,000円〜
札幌 → 大阪 55,000円〜

航空便って高そうなイメージがあると思いますが、この通り意外と安いですよね!! カーゴも大きめの専用カーゴを使えますし、もし対象地域間の引っ越しをするのならぜひ検討してみましょう!!

5. 注意点

ここまで佐川の単身パックの特徴や料金についてみてきまして、十分に検討の価値があるプランだって分かったのではないでしょうか? しかし、利用時には注意したい点もありますので、確認しておきましょう。

① 沖縄はサービス対象外

残念ながら、佐川のカーゴプランでは沖縄はサービス対象外となっています。 旧居または新居どちらかが沖縄県内の場合は残念ながら他社を検討するようにしましょう

② Sgムービングのほとんどは代理店

佐川の引っ越し部門「Sgムービング」は沖縄以外の日本全国でサービス展開をしていますが、ここで注意したいのは直営店は東京を中心に全国で10店舗しかないということです。つまり、サービスを展開しているほとんどの地域で作業しているのは代理店なのです。

代理店でも直営店と同様のサービスはきちんと受けられるのでその点は心配ないのですが、問題なのは受付可能な件数にだいぶ差があるということです。

代理店の場合は取れる予約の数に限りがあり、繁忙期は予約がすぐに埋まってしまいます。 そのため、直営店から配車可能な地域なら良いのですが、それ以外の地域に住んでいる場合、3月〜4月に引っ越すつもりならかなり早い段階で動いていきましょう

佐川の関係者へインタビューしたところ、特に神奈川や北関東では代理店の数に対して人口が多いため予約が埋まりやすいとのコメントがありましたので、注意しましょう!!

ちなみに、直営店の場所はこちらの公式サイトに記載がある通りです。直営店が近くにあるところ同士での引っ越しなら繁忙期でも対応しやすいとのことなので、チェックしてみましょう!

6. まとめ

以上、佐川の単身パック「カーゴプラン」の解説を中心に、佐川での単身引っ越しについて解説致しました。
最後にポイントをまとめておきましょう!

まとめ
  • 使用するカーゴは日通の「単身パックS」と同程度 (比較するとやや小さい)
  • 他社では単身パックの場合は有料なダンボール回収などのサービスが無料で受けられるメリット
  • 航空便があるので長距離引っ越しが速最短翌日で完了することも!! (利用できる地域に限りあり)
  • 料金プランは日通・ヤマトは明瞭料金な定額制なのに対して、佐川は見積もりが必要 (ネット上では「概算見積もり」まで)
  • 見積もりがある分手間は増えるが、日通やヤマトよりお得なこともある (逆パターンもあり)
  • 他社の単身パックや単身向け引っ越しプランなどと相見積もりをとって比較検討することが重要
  • 直営店に近い地域以外では、繁忙期の予約がすぐに埋まりやすいので注意!

それでは以上です!

単身パックを利用できる業者は佐川急便の他にも、日通や西濃運輸など他にも特徴のあるサービスを展開している業者があります。 佐川1社の見積もりで決めてしまうのではなくて、相見積もりをとって比較検討してみるとよいと思います。 その際は一度に見積もりが取れる「一括見積もりサイト」の利用が便利ですので、よかったら下の「合わせて読みたい」もご覧ください!

それでは、より良い引っ越しができることをお祈りしています!!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です