【引越し用語集】引っ越しで使われる専門用語を理解しよう! 知っておきたい知識も合わせて解説!

ここでは、引っ越しに関する専門用語をまとめてみたいと思います! ひとつひとつのワードについて、単純な意味だけでなく簡単な解説を加えてありますので、ある程度概要をつかめるようになっています。

引っ越し業者とのやり取りの中で出てきたワード、ネットで調べ物をしていて出てきた用語の意味を確認して理解を深めましょう!

1. 時期などに関する用語

◎「繁忙期」(はんぼうき)

引っ越しでは重要キーワードの一つです!! 引っ越しの需要は1年を通して均等にある訳ではなく、3月〜4月に集中しています。 そんな引っ越し需要が高まり、引っ越し業者が忙しくなるシーズンのことを「繁忙期」と言います。繁忙期は引っ越し業者にとってかき入れ時でもあり、需要が高まる分、引っ越し料金は高騰します。

忙しい繁忙期の中でも特に忙しくなるのは「3月下旬〜4月上旬」であり、この時期は引っ越し料金が最も高くなります。

また、業者にもよりますが一時的に引っ越し需要が高まる7月下旬12月下旬なども繁忙期と呼ぶことがあります。

「時期」による引っ越し費用の違いを理解して、最安値で引っ越ししよう!

2020年2月2日

◎「引っ越し難民」(ひっこしなんみん)

近年は引っ越し業界の人手不足や政府の働き方改革の影響などにより、繁忙期に引っ越し需要をさばききれなくなる事態が発生しています。

その結果として繁忙期の引っ越し費用が異常なまでに高騰してしまう場合があり、引っ越ししたいのにできなくなってしまった人が増えています。 このような人たちは「引っ越し難民」と呼ばれており、社会現象にまでなっています。

特に2019年は大手引越し業者であるヤマトホームコンビニエンスの営業停止や「レオパレス問題」による一斉退去まで繁忙期に重なった影響で、引っ越し難民問題は深刻化しました。

2020年はヤマトが部分的にですが営業再開し、レオパレス問題の影響はなくなったとはいえ、根本的な問題は何も解決しておりません。そのため、2018年と同様2020年も引っ越し難民問題は発生すると予想されています。

繁忙期に問題視される「引越し難民」は2020年以降も続くの? 対応策は?

2020年3月22日

◎「閑散期」(かんさんき)

繁忙期とは逆に、引っ越し需要が最も少なくなるシーズンのことを「閑散期」と言います。 閑散期の捉え方は業者によって違うようですが、一般的には引っ越し需要が少ないのは10月〜12月上旬ごろと言われています。引っ越し比較サイトの「引越し侍」の調査では、引っ越し料金が最も安くなるのは11月のようです。

先ほど述べた通り「閑散期」の捉え方は業者によって異なり、「繁忙期以外は閑散期」「繁忙期以外でも毎月の月末は忙しく、月の上旬〜中旬は閑散期」「1月・6月・11月が閑散期」などの意見があるようです。

「時期」による引っ越し費用の違いを理解して、最安値で引っ越ししよう!

2020年2月2日

◎「六曜」「六輝」

カレンダーに記されている「大安」とか「仏滅」とかのことを「六曜」または「六輝」と言います。六曜には「大安」「仏滅」「先勝」「先負」「友引」「赤口」の6つがあり、それぞれに意味があります (詳しくは下の参考記事をご覧ください)。

引っ越しでは、「大安吉日」と呼ばれ縁起の良いとされる「大安」の日に人気が集まりやす炒め、見積もりに多少の影響が出る場合があります。また、「友引」も引っ越しでは縁起がいいとされています。

逆に「仏滅」や「赤口」は一般的に縁起が悪いと言われています。 ただし、仏滅は解釈の仕方次第では「すべてが一度終わり、新たにはじまる日」と捉えることもできるそうで、むしろ「引っ越しに適した日」と考える人もいるようです。

なお、大手引っ越し業者「日通」の調査によると、80%の人は引っ越し日を決めるのに六曜は別に考慮しないとのアンケート結果も出ておりますので、あまり気にしすぎなくても良いのかも知れません。

【六曜】仏滅に引っ越ししても大丈夫? 引っ越しするのに縁起が良い日はいつ?

2020年2月2日

2. 費用や見積もりなどに関する用語

◎「見積もり」

引っ越しの費用には定価というものが実質存在しません。 なぜなら、そもそも引っ越しの内容・条件は毎回異なるので、それに応じて料金は変わってくるからです。そのため、プロである引越し業者の担当者が現地訪問か電話をして状況を確認し、引っ越し料金を算出します。

このように、業者担当者が状況確認して引っ越し費用を算出することを「見積もり」と言います。

◎「相見積り」(あいみつもり)

相見積り」とは複数の業者に見積もりを取ってもらって比較することを言います。 略して「あいみつ」と呼ばれることもあります。

引越し料金には基準となる定価が存在しないため、ひとつの業者の見積もりだけではそれが高いのか安いのか判断つきにくい特徴があります。 そのため、いくつかの業者に見積もりを出してもらって料金やサービスを比較することが重要です。

これは引越しに限らず結婚式場選びやリフォーム、車の買取査定などにも言えることで、これらのような「高額」「定価がない」「相場がわかりにくい」サービス全般で広く使われている手法です。

また、相見積りをすると業者間で「うちで決めてもらいたい!」と価格競争がはじまり値引きしてもらいやすくなるのでお得に引っ越しすることができます。

相見積りは引越しの業者選びでは必須の超重要事項です!!

◎「一括見積りサイト」「引越し比較サイト」

呼び方は色々ありますが意味するところは同じで、ネットで簡単なフォーム入力をするだけで複数の引越し業者に一括で見積もり依頼を出せるWebサイトのことを言います。

つまりは「ネットで簡単に相見積りの依頼ができるサイト」ということです。

例としては、『引越し侍』や『ズバット引越し比較』『LIFULL引越し』『SUUMO引越し見積もり』などがあります。 また、それらのサービスとはだいぶ異なる仕組みを取っている新しいタイプの一括見積りサイト『引越しラクっとNAVI』なども登場しています。 ちなみに、これらはすべて無料のサービスです。

一括見積りサイトを使うことで、業者の営業担当にも「このお客さんは他社と比較検討しているんだな」ってことが伝わりますので、価格競争になってただ見積もり依頼を出すよりも値引きを受けやすくなります

一括見積サイトは危険? デメリットもある? ちゃんとした理解を深めて判断しよう!

2020年3月4日

◎「割増運賃」

引っ越し費用は「基本運賃」「割増運賃」「実費」「オプション料金」の4つで決まります。「基本運賃」とは簡単にいえばトラックの利用料のことです。そこに時期や曜日、時間指定などによって上乗せされる運賃のことを「割増運賃」といいます。土日祝日や繁忙期だと引っ越し費用が高くなってしまうのは、この割増運賃がかかってくるからです。

ちなみに、「実費」は作業のための人件費に加え、高速代金や消耗品の費用など業者が実際にかかった費用が含まれます。

引っ越し費用を安く抑えるには「いかに割増運賃を小さく抑えるか」ということがポイントのひとつになります。

◎「オプション料金」

引っ越し業者が主な仕事として行っている「荷造り」「搬出」「積込み」などなどの業務以外の作業にかかる料金のこと。

該当する作業は、代表的なものだと「エアコン工事」「洗濯機の設置」「TVの配線作業」「ピアノ輸送」などがあり、そのほかにも各引っ越し業者ごとにさまざまなオプションサービスを用意している。

3. 引っ越し作業の時間帯に関する用語

◎「午前便」

午前中に行う引っ越し作業のことで、大抵はその日の1件目の作業になります。そのため予定に遅れることが少なく、スケジュールを立てやすいというメリットがあります。また、早い時間帯に引っ越し作業が終われば片付けを進められますので、当日中に日常生活を送れる状態までつくることができるというのも大きなメリットでしょう。

そのかわり、午前便を指定すると割増運賃がかかる場合がありますので、費用と相談しながら検討するようにしましょう。

◎「午後便」

午後から引っ越し作業をはじめることを言います。午前便が終わってから2件目以降の作業になるので、場合によっては予定していた時間よりも遅れてしまう場合もあります。

そのかわり費用面は安くなります。

◎「フリー便」

引っ越し日のみを予約して、時間帯は引っ越し業者に任せる予約の仕方を言います。大抵の場合、前日あたりに作業予定の時間枠の連絡があります。

フリー便を使えば時間指定するプランに比べて大幅に値引きを受けられる場合もありますが、スケジュールは1日空けておく必要があります。

◎「夕積み」「宵積み」(よいづみ)

旧居での積み込み作業を夕方に行うことを「夕積み」や「宵積み」と言います。この場合、荷物を新居で降ろすのは基本的に翌日で、場合によってはそれ以降となります。 中距離・遠距離引っ越しでよく利用されます。

大抵の場合、業者のトラックが1日の引っ越し作業をすべて終えたあとに最後に立ち寄って荷物の積み込みを行います。そのまま一晩トラック内に荷物は保管され、翌日新居へ届けられるのが一般的です。 距離が遠い場合は夜間の時間帯を利用して移動を行います。

翌日は朝一番での作業となり、降ろしだけですのでスピーディーに終わるというメリットがあります。デメリットは一晩は旧居にも新居にも荷物がない状態で過ごさなければならないことです。場合によってはホテルを予約するとか、最小限の布団だけ自分で運ぶことにするなどの対応が必要となります。

4. 作業方法・輸送方法などに関する用語

◎「単身パック」

「単身パック」とは、厳密な意味で言えば『日本通運』が展開している単身向け引越しプランの商品名のことで、商標登録もされています。日通の単身パックの特徴は大きく言って以下の4つあります。

  1. 「お客さんの荷物を専用ボックス (正式には「ロールボックスパレット」と言います) に入れてボックスごと輸送すること」
  2. 「複数のお客さんの荷物を一台のトラックでまとめて運ぶこと」 (=混載便であること)
  3. 「料金がリーズナブルな上にパック料金になっているので、見積り不要でネットだけで料金がわかる明瞭料金であること」
  4. 中距離〜長距離の単身引越し向けのサービスであること」

現在では一般的に上で挙げた特徴と似ている引越しプラン全般のことを「単身パック」と呼ぶことが多くなっています。 特に「専用ボックスを使う混載便」のプランであれば単身パックと呼んでしまう場合が多いです。

ボックスの大きさに制限があるため、基本的には単身引越し向けのサービスです。 ボックス単位で定額料金が設定されていて、ボックスに入り切らない荷物は運べないので注意が必要です。

日通のほかだと『ヤマト運輸』(ヤマトホームコンビニエンス) や『佐川急便』(Sgムービング) が単身パックを利用できる業者として有名です。見て分かる通りこれらの業者は運送業をメインとする兼業引越し業者です。

単身パックとは、大手運送業者として培った全国ネットワークをうまく利用して、効率化・コスト削減することでリーズナブルな料金を実現した引越しプランなワケです!

単身引っ越しでお得な「単身パック」とは? メリット・デメリットや対応業者を徹底チェック!!

2020年2月6日

◎「混載便」(こんさいびん)

トラック1台を貸し切って行う通常の引っ越しプラン (=「チャーター便」) と異なり、1台のトラックの中に複数のお客さんの荷物をまとめて積んで運ぶような引っ越しのやり方のことを「混載便」といいます。

混載便を利用すると引っ越し業者にとってはトラックの無駄を省いて業務を効率化できるので、その分料金を安く提供することができます。

その代わり、一緒に運ぶ予定の他のお客さんの荷物も揃わないとトラックが引っ越し先へ出発できないので、チャーター便に比べて到着までの時間がかかります。そのため、日程に余裕がある場合に使いたいプランといえますね。

「混載便」のメリット・デメリット!! 遠距離引っ越しは混載便で安くなる!

2020年2月3日

◎「チャーター便」

チャーター便」とは、1台のトラックを貸し切って行う引っ越しのやり方のこと。最も一般的な引っ越しであり、近距離の引っ越しはほとんどがこの方式で行われます。 そのため、比較的近距離の引っ越しではわざわざ「チャーター便」という言葉を使うことはないかも知れません。

わざわざ「チャーター便」という場合は、大抵が遠距離引っ越しの場合です。 遠距離引っ越しの場合は混載便の方が一般的なので、それと対比して貸し切りで運ぶプランを「チャーター便」と表現します。この場合、チャーター便を使うと本来時間がかかる遠距離引っ越しをスピーディーに終わらせることができる反面、料金は高くなってしまいます。

また、業者によってはトラックとドライバーだけを借りて (=チャーターして) 自分で引っ越し作業を行うプランのことを「チャーター便」と呼ぶこともあります。 その場合は費用はかなり抑えられますが作業が非常に大変な上、家財の保証はつかないのが一般的なので、その点はよく注意して利用しましょう。

「チャーター便」とはどんな引っ越し? 料金相場は? 業者ごとのプランの違いにも注目!

2020年2月23日

◎「積み切り」

積み切り」とは引っ越しの契約のひとつで、家にある荷物すべてを運ぶのではなく、用意したトラックに積み切れる分だけを運ぶ引っ越しの仕方を言います。 積み切れずに残った荷物は自家用車で運ぶなり、宅急便を利用するなり、処分するなりと自分でどうにかする必要があります。

積み切りプランは「2tトラックで乗り切るかどうか…」という微妙な荷物量の場合にお得な選択肢です。 そのような場合、本来なら積み切れなくなるのを防ぐため、念のためひと回り大きなトラックを用意するところです。そこで小さめのトラックを使っての積み切りプランにしてしまえば、基本運賃をグッと抑えられます。

ただし、車を持っているなど自分で荷物の運搬をする手段を持っていればいいですが、安易に積み切りプランにしてしまうと困ることにもなりかねないので、よく注意して利用する必要があります。

引っ越しの「積み切り」を解説!口コミはどう? 2tトラックって実際どのくらい積める?

2020年2月4日

◎「ピストン」

ピストン」とは、トラック1台に荷物が乗り切らないとき、トラックを2台用意したり大きなトラックを用意したりするのではなく、1台のトラックで往復しながら作業する引っ越しの仕方を言います。 「ピストン作業」とか「ピストン輸送」などと言うこともあります。

ピストン作業は非常に時間がかかってしまい、1日がかりの作業になってしまうこともあります。 しかし業者側から見ると、その1件の引っ越しだけではなく営業所全体で見ればより効率的な利益確保に繋がる作業の仕方なので、特に忙しいときはピストン作業の提案をされることがあります。

その場合はもちろんピストン作業にしなかった場合に比べて割引を受けることができるので、よく検討してみるとよいでしょう!

引っ越しのピストン作業は利用者・業者の両方にメリットあり!! デメリットも解説!

2020年2月5日

◎「コンテナ便」

JRの貨物輸送などを使って行う長距離引っ越しの方法です。一般的に、最も費用が安くなる長距離引っ越しだと言われています。 コンテナ単位で貸し切って輸送しますので、荷物が多い場合は複数のコンテナを利用することになります。

トラックによる輸送よりも料金がだいぶ抑えられるメリットがありますが、デメリットは日数がかかってしまうことです。

引っ越しの「コンテナ便」とは? お得に長距離引っ越しをすませよう!

2020年2月16日

◎「帰り便」「戻り便」

帰り便」あるいは「戻り便」というのは、運が良くないと出会えない引越しプランです。 他のお客さんの引っ越しを終えたトラックが自社へ戻る際は、普通なら荷台が空のまんま走ることになりますが、その空のトラックを利用してしまおうというのが「帰り便」「戻り便」です。

もともと走る予定があったところについでに積んでもらうようなイメージですので、運賃が片道分で済んでしまい非常にお得になります。

デメリットは、そもそも狙って帰り便を見つけるのは困難という点と、もしあったとしてもこちらの希望日に合わせることはできないという点です。あくまで業者のスケジュールに合わせて「ついでに」積んでもらうイメージですね。「ついで」だからこそお互いにメリットがあるので安くしてもらえるのです。

◎「立ち寄り」

旧居で積み込みを終えてから新居に向かう間に別の場所を経由することを言います。

たとえば、こちらの都合でトランクルームや実家などの別の場所に立ち寄ってもらう場合や、業者の都合で通り道にある別のお客さんにダンボールのお届けだけ向かう場合などがあります。

◎「二箇所積み」「二箇所降ろし」

荷物の積み込み地が2か所ある引っ越しを「二箇所積み」と言い、同様に荷物の降ろし地が2か所ある引っ越しを「二箇所降ろし」と言います。

たとえば、結婚がきっかけの引っ越しで夫婦それぞれの家から荷物を運ぶ場合なんかが「二箇所積み」、引っ越し時に一部をトランクルームに持っていく場合などが「二箇所降ろし」です。

◎「前梱」(ぜんこん)・「当梱」(とうこん)

引っ越し業者に梱包もお願いするようなプランを使っている場合で、前日までに梱包作業をする場合を「前梱」あるいは「前梱包 (ぜんこんぽう) 」と言います。荷物が多い場合などに用いられることが多いです。

それに対して引っ越し日の当日にスタッフが梱包する場合を「当梱」あるいは「当梱包 (とうこんぽう) 」と言います。当梱の場合は梱包作業が終わり次第そのまま搬出作業に入ります。

5. 道具や荷造り・荷解きなどに関する用語

◎「梱包」(こんぽう)

梱包」とは、食器を割れないように新聞紙やエアパッキンなどで包んだり、荷物をダンボールに詰めたりすることや、業者作業員が家具を傷つけないように専用道具で包んだりすることを言います。簡単にいえば、引っ越しで必要な荷造りのことです。

引っ越しの荷造りはいつから始める? 食器の梱包はどうする? 段取りのよく引っ越すための荷造りのイロハ

2019年5月21日

◎「資材」(しざい)

梱包に使うダンボールやガムテープ、布団袋などの道具のことを言います。引っ越しで必要な資材は、通常の引っ越しプランであれば業者から無料でもらえたり、レンタルできたりします。ただし、量が多すぎる場合や単身パックなどの格安プランの場合では有料であることもあります。

また、自分で用意する場合はダンボールの強度や大きさには注意しましょう。 引っ越しでは、トラック内でダンボールを高く積み上げますので、強度の弱いダンボールでは潰れてしまってきちんと積み込めない場合があります。単身パック利用時以外なら、業者が用意したものを使う方が安心です。

引っ越しの荷造りはいつから始める? 食器の梱包はどうする? 段取りのよく引っ越すための荷造りのイロハ

2019年5月21日

◎「開梱」「解梱」(かいこん)

どちらも「かいこん」と読みますが、微妙に意味が異なっています。 ダンボールなどを開けて中身を出すことを「開梱」、家具家電などの梱包を解くことを「解梱」と言います。

漢字は違いますが、正直わざわざ書く機会は少ないし、意味も似たようなものなので、あまりどっちがどっちなのか覚えてなくても大丈夫です。

梱包を外すことを「かいこん」と言います。そう覚えておきましょう笑

◎「ハンガーボックス」

引っ越し業者からレンタルできる洋服専用のボックスです。ハンガーボックスを使えばハンガーにかけたまま洋服を運ぶことができます。

6. その他の引っ越し用語

◎「約款」(やっかん)・「標準引越運送約款」

約款」とは、国土交通省が定めた引っ越し業者が守らなければならないルールのことで、正式には「標準引越し運送約款」と言います。 約款は見積もりの際に利用者に見せなければならないと定められています。

約款では料金やキャンセル料のことや見積もりのルール、作業の仕方などが定められています。

◎「縦持ち」(たてもち)

引っ越し作業で、2階や3階、あるいは地下などの縦移動を伴う作業のことを「縦持ちがある」と言ったりします。

階段で4F以上の縦持ちがある場合などは追加料金を取られる場合もあります。

◎「横持ち」(よこもち)

玄関からトラックまで荷物を運ぶことを「横持ち」と言います。横持ちが長くなると、トラックの荷台から台車へ荷物を移してまとめて運ぶことが多いです。 特に、エレベーターを利用するマンションでは縦持ちも横持ちも長くなるので台車が活躍します。

主に、現場作業員同士で「ちょっと今回目の前にトラック留めておけないから、横持ちが長くなるから頑張って!」などと使われます。割と現場ではよく使われます。

◎「養生」(ようじょう)

家屋やマンションの共有部 (エレベーターなど) を傷つけないよう守るため、マットやパネルなどを使って保護することを言います。 引っ越し作業の当日は一番最初にやることです。業者によって色々な道具が使われます。

一般的に、大手企業ほど色々なシチュエーションに対応できる便利な養生資材を用意しており、しっかりとした養生をしてくれる傾向があります。

◎「ご祝儀」「心付け」

引っ越し作業員に渡すチップのことを一般的に「ご祝儀」と言います。 もちろん必須ではないですが、元作業員としては是非用意してあげて欲しいと思うものです笑

ちなみに、どうせご祝儀を用意したのなら終わってからではなく最初の挨拶のときに渡す方がメリットがあります。 作業員もやっぱり人間ですので、お客さんに丁寧にもご祝儀を用意してもらうと「こっちもちゃんと丁寧に作業してあげよう!」という気持ちになるものです。

お互いに気持ちよく作業できますので、ちょっとしたご祝儀を用意してあげるとよいでしょう!! 金額は引っ越しの規模に合わせるのが良いと思います。

みんなで1000円で「ちょっとだけど好きなジュースでも飲んで!」とか、1人1000円で「お昼代の足しにして!」という感覚で良いのではないでしょうか?

ちなみに、ご祝儀の代わりに休憩の際に飲み物やおにぎりなどを用意してくれる方もいます。それもめっちゃ嬉しいです!! ただ、もし飲み物なら冬場でもホットではなく冷たいお茶や炭酸ジュースの方が好まれやすいことを覚えておくとよいでしょう (作業していると冬場でも汗をかきます)。あと、コーヒーは意外と好き嫌いあるのでお茶の方が無難です。

引っ越しに差し入れや心付け (チップ) は必要? 相場やみんなの意見は?

2020年2月15日

◎「一斉入居」

新築のタワーマンションなどの場合、もし入居開始日になった途端、みんながそれぞれに引っ越しをはじめたらどうなるでしょうか? タワーマンションは何百戸もの世帯数がありますので、マンション前は数十台のトラックで溢れかえり、作業員も延々とエレベーター待ちで作業が進まないといった事態になってしまいます。さすがにそれはヤバいですよね。。。

そのため、そのような大きな新築マンションでは管理会社がどこかの大手引っ越し会社と専属契約を済ませてあり、入居開始からしばらくはその業者しか利用できないようにしています。 そして入居者は抽選などで引っ越し順が決められ、順序よく引っ越し作業をしていくことになります。このような引っ越しのことを「一斉入居」と言います。

◎「水抜き」

冷蔵庫・洗濯機を運ぶ前にするべき作業です。冷蔵庫や洗濯機は電源コードやホース類を抜いてすぐに運ぼうとすると水が漏れます。そのため、引っ越し前夜にその対策をするのですが、その作業のことが「水抜き」です。

詳しくは参考記事をご覧ください。

洗濯機の水抜きとは? 引っ越し前日の洗濯機の準備について解説!!

2020年2月17日

冷蔵庫の引っ越し前準備は1週間前から!! 水抜き・霜取りのやり方も解説!

2019年10月26日

7. まとめ

以上、引っ越しの専門用語について解説付きでまとめました! 引っ越しについてネットで調べているときや、引越し業者との見積もりの中で分からない単語があったときはこちらのページを見返してもらえればと思います。

専門用語の意味をきちんと理解することは「よりお得で安心な引っ越し」をすることにも繋がります。 気持ちの良い新生活をスタートできるよう、引っ越し準備の際は引っ越しへの理解を深めておきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です