引っ越しの「積み切り」を解説!口コミはどう? 2tトラックって実際どのくらい積める?

引っ越しには色々なプランがありますが、その一つに「積み切りプラン」と呼ばれるものがあります。

引っ越し業者に訪問見積もりを頼んだ際、営業の方から「今回は2tロングのトラックで積み切れるかどうかくらいの量だと思うのですが、もしよかったら2tロングの積み切り契約でいかがでしょうか?」などと提案されることがあります。

積み切りプランとは、用意したトラックに積み込める分だけ積んで運ぶプランで、もし残りが出てしまったら自分で運ぶなり処分するなりする約束の引っ越し契約です。 どうもこれにすると安くなるようなのですが、実際のところ積み切りプランにして大丈夫なのでしょうか?

こんな疑問に答えるべく、今回は「積み切り」について詳しく解説していきます。

積み切りプランの概要を聞くと、プランの内容自体やメリット・デメリットは分かった上だとしても、果たして本当に大丈夫なのか不安な場合もあるかと思います。

ですので今回は、実際トラックにはどのくらい積めるものなのかの具体例引っ越し業界に携わって経験してきた私の意見なども紹介させて頂きます。

しっかりと理解を深めて、本当に積み切りプランがベストなのかどうか検討してみましょう!

1. 積み切りは確かにお得! だけど安易に決めちゃ禁物

引っ越しの「積み切りプラン」「積み切り契約」とは、冒頭でお話した通り用意したトラックに積めるだけ積んで、積み切れるだけの荷物を運ぶ引っ越し契約です。もし積み切れずに残ってしまった荷物があればそれは置いていくこととなり、自分で運ぶなり処分するなりする必要があります。

これだけでも分かると思いますが、積み切りプランはいくら安くとも安易に決めてはいけません!!

ただし、きちんと理解し検討した上で使えばお得に引っ越しできるプランでもあります。

その点を理解して、ここから内容に進んでいきましょう!

積み切りプランとは?
  • 用意したトラックに積み切れるだけの量を運ぶ引っ越し契約で、積み切れずに残ってしまった荷物は自己責任で運ぶなり処分する必要がある
  • 「安くなるなら」とあまり検討しないで安易に決めてしまうと後悔することも
  • きちんと理解して検討した上で使えばお得に引っ越しできるプラン

2. 積み切りプランのメリット

メリットはこれまで話してきた通り、すべての荷物を運び切る契約と比べて料金が安く抑えられることです!!

見積もりプランが特に有効なのは、訪問見積もりをしてもらった際に「2tロングで積み切れるかどうか・・・」などと営業担当者が悩むような微妙な量の場合です。このような場合、普通ですと大きな3tトラックを手配して積み切れないという事態を防ぐことになります。 しかしそうすると3tでは余裕がありすぎるのに料金は高くなってしまうということになります。

こんなときこそ積み切りプランの出番です!!

2tロングの積み切りにしておけば料金は安く抑えられますし、積み残しもそんなには出ないはずです。泡良ければ全部積み切れることもありますし、積み切れなければ残ったダンボール等は自家用車やレンタカーで運ぶなり、必要性の低いものを残して置いて積み切れなければ処分するようにすれば良いでしょう。

3. 積み切りプランのデメリット

積み切りプランはメリットも大きいですが、デメリットというかリスクも大きく、言うならばギャンブルのような性質があります。

予想以上に積み残しが多くなってしまうリスク

ありがちなのが、予想以上の量が積み切れなくなってしまうこともあるというリスクです。

「多少残っても自分の車で運べばいいや!」くらいに思っていたら、ダンボール10箱+自転車が残ってしまった… なんてことも可能性としてはあり得ます。こうなってしまった時のことを想像すると、だいぶ面倒ですよね。。。

引越し業者のプロの営業担当が訪問見積もりをしたのならばリスクはある程度抑えられますが、それでも見誤ることもあります。 例えば、しまい込んでいて営業担当が把握していなかった荷物があったりすれば、当然ずれ込んできます。また、そもそもの荷物量が非常に多い場合も全容の把握が難しくなりますので、営業が見誤ってしまうこともあります。

また、訪問見積もりもせずに電話やインターネットのみで積み切りプランを申し込むのは非常にリスクが高いのでオススメしません。引っ越しのプロでも見誤ってしまうことがあるほど、荷物量を把握するのは難しいです。大抵の場合、自分自身で思っているよりもはるかに多くの荷物を持っているということを覚えておきましょう。

トラブルに発展するリスク

積み切りプランでは、他のプランに比べて業者とのトラブルに発展してしまうリスクが高くなります

営業担当の見積もりが甘くて思った以上の積み残しが出てしまうこともありますし、利用者側と業者の営業担当で認識が異なっていて、当日「こんなの聞いてない!」となってしまうなんてことも。。。

また、自分が引っ越し業界に携わってきた中で最もトラブルが起きやすかったのは、初めから積み切れないのは分かっている上で、お客さん自身が「積み切れなかった分はこっちでなんとかできるから大丈夫!積み切りプランでいいよ!!」と簡単に決めてしまう場合です。

こういう場合、どの程度積み切れないのかをお客さん自身が甘く考えている (というか営業の話にあんまし聞く耳を持っていないことも…苦笑) ことが多く、当日になって「これは持っていってもらわないと困る」とか「こんなに積み切れなくなるとは聞いてない」なんてトラブルに発展してしまうケースが見受けられます。

稀に悪質な業者・営業担当にあたることも・・・

これは稀なケースですが、中には利益のために大きめのトラックでの積み切りプランを勧めてくる業者もいるようです。特に、積み切りプランしか勧めてこない場合や、荷物量の把握をきちんとしないで電話越しなどで提案してくる場合は注意が必要です。

他にも、営業はきちんと現場を見て荷物の把握して積み切りプランを勧めた場合でも、当日の現場担当者が「積み切りプラン出し、荷物が残っても後は俺たちは関係ないから」ってスタンスで、トラックに甘い積み込みをする作業員も稀にいるようです。

また、そこまで悪意があるわけではないにしても、繁忙期などは単純に人手不足でトラックへの積み込みをバイトに任せており、下手な積み込みで積み切れなくなってしまうという場合も中にはあります。

以上のように、様々な要員で積み切りプランでは予想が外れてしまうこともあるというリスク・デメリットを理解しておくことが重要です。

積み切りプランのメリット・デメリット
  • メリットは引っ越し料金を安く抑えられる点。ギリギリ積めるかどうかくらいで、残った分は自分で運べるのならとてもお得に引っ越しできる
  • デメリットは、自分の予想以上に積み残しが多くなってしまうリスク。自分で運んだり処分したりするのが難しい荷物量が残ってしまった場合、非常に困ったことになる

4. 実際のところどのくらい積めるの?

やはり積み切りプランを有効に使うためには「どれだけ積めるのか」ということを自分自身ができる限り把握しておくことが重要です。

正直に言いまして、業者の2tトラックなんかを見ると、なんとなくですが「これだけ大きなトラックなら、自分1人の単身引っ越しの荷物なんて余裕で積めるでしょ?」とか思ってしまわないでしょうか?

「きっとこの営業の人も失敗したくないから、万が一に備えて言ってるだけでしょ?」なんて甘い考え、してないでしょうか?

・・・

・・・・

すみません、かつての自分でした。苦笑

そんなふうに検討なしで積み切りプランを頼むと失敗してしまうリスクが高いです。 実際のところトラックにはどのくらい積めるものなのか、理解しておきましょう!

2tショートの場合

標準的な2tショートと呼ばれるトラックの場合、荷台の広さは畳3.3枚分と言われています。高さが2mほどあるので、自分の荷物を想像した時、全ての荷物を天井まで高く積んだとして畳3枚分程度に収まるようでしたら積み切れるだろうと予想できます。

これは、一般的な単身引っ越しでは十分な大きさですので、よほど荷物が多いとか、かさばる荷物や家具家電などが多いという場合でなければ単身引っ越しでは2tショートで間に合うでしょう。 目安としては、ワンルームや1Kくらいの物件からの引っ越しがちょうど良いです。

以下の具体例を参考にしてみるとわかりやすいかと思います!!」

具体例
  • 冷蔵庫 (小〜中)
  • 洗濯機 (ドラム除く)
  • 電子レンジ
  • テレビ (小〜中)
  • テレビ台 (小)
  • 3段カラーボックス × 2
  • 衣装ケース × 5
  • ハンガーボックス × 2
  • シングルベッド (分解可)
  • マットレス
  • 布団一式
  • 自転車
  • 段ボール × 15〜20

2tロングの場合

標準的な2tロングのトラックでは、畳4.8枚分ほどの荷物を積み込むことができます。 同じ2tでもショートとロングでは1m30cmも長さが違いますので、積み込める荷物の量にだいぶ違いが出てきますね!

これは「荷物が多めの単身者〜荷物少なめの2人分」くらいに当たる量で、目安としては1DKや2Kあたりからの引っ越しに向いているでしょう。 単身の方でも荷物が多めで心配な方は2tロングにしておくと良いでしょう。

2tロングのトラックは引っ越し業界でも一番多く活用される万能選手で、それなりの荷物を積めますし割と狭めな路地にも入っていくことが可能です。

具体的には、以下の例くらい積み込むことができます。結構な量を積めることが分かりますね!

具体例
  • 冷蔵庫 (大)
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • レンジ台
  • ダイニングセット (4人用) or ソファ(2人掛け)
  • テレビ (小〜中)
  • テレビ台 (小)
  • 本棚 (小〜中)
  • こたつやローテーブル
  • 3段カラーボックス × 2
  • 衣装ケース × 10
  • ハンガーボックス × 5
  • ダブルベッド (分解可)
  • マットレス
  • 布団一式
  • 自転車
  • 段ボール × 15〜30

・2tロングワイドや3tの場合

2tロングワイドは単に2tワイドと呼ばれることもありますが、こちらの場合は標準的なもので畳6畳分の荷物を積むことができます。3tトラックになると、約畳6畳半ほどを積むことができます。

これらのトラックなら2人分の引っ越しには十分で、子供1人を含めた3人家族でも荷物がかなり多いのでなければ十分対応できるサイズです。2K〜2DKくらいの間取りからの引っ越しなら大抵は問題ないでしょう。

目安としては、以下の例くらいの量を積み込むことが可能です。

具体例
  • 冷蔵庫 (大)
  • ドラム型洗濯機
  • 電子レンジ
  • レンジ台
  • 食器棚
  • ダイニングセット (4人用)
  • テレビ (小〜中)
  • テレビ台 (小)
  • ソファ(2人掛け)
  • こたつやローテーブル
  • 本棚 (小〜中)
  • 3段カラーボックス × 2
  • 衣装ケース × 10
  • ハンガーボックス × 5
  • ダブルベッド (分解可)
  • マットレス
  • 布団一式
  • 自転車
  • 段ボール × 15〜30

以上を簡単にまとめておきます。

トラックサイズと運べる荷物の目安
  • 2tショート : 荷物がそれほど多くない単身向け。ワンルーム〜1Kが目安。畳3.3畳分の荷物
  • 2tロング : 荷物多めの単身〜荷物がそれほど多くない夫婦。1DK〜2Kが目安。約畳5畳分の荷物
  • 2tワイドや3t : 夫婦〜3人家族。2K〜2DKが目安。2tワイドで6畳分、3tで6畳半分の荷物

5. 積み切りプランはどんな場合にオススメ?

ここまでで積み切りプランのメリットとデメリット、実際にどのくらい積めるものなのかを解説してきました。それらを踏まえた上で、実際に積み切りプランを利用するならどんな場面がオススメでしょうか?

まず一つは、ここまでに話してきた通り営業の方が「2tロングでギリギリ積み切れるかどうか・・・」と悩んでいるような荷物量の場合です。こういう場合はワンサイズ上のトラックを手配して積み切ってもらうよりも積み切りプランにした方がお得になる場合が多いです。 

逆にいえば、そういう積み切りプランがお得になるような場合でなければ、わざわざリスクのあるプランを使う必要性は薄いでしょう。

その上で、業界で経験してきた私の意見としましては、リスクも踏まえた上で対応できる状態だからこそ利用して頂くというのが一番だと思っています。

では、具体的にはどんな場合にオススメなのか見ていきましょう!

① 近距離の引っ越しである

まず、近距離であることは一つ大事な要素です。 万が一の場合、近距離であればいつでも往復して対応することが可能ですが、遠ければそう簡単にはいきません。 積み残しが多かった場合などに備えるためにも、遠距離の引っ越しで積み切りプランを利用するのは避けておくほうが無難でしょう。

また、近距離ならば細かい荷物を先に少しずつ自分で運んでおくことも可能ですね!

もともとギリギリ積み切れるかどうかという話であれば、自分である程度運んでおけば当日は余裕を持って積み込み完了してもらえると思います。

なんにしても距離が遠いとリスクしかありませんので、近距離の場合にのみ利用の検討をするのがオススメです。

② 自分で残った荷物を運ぶ手段を持っている

自家用車を持っているなど、段ボールくらいならある程度自分で運ぶことができるというのも重要です。 1つ2つ段ボールが残っただけならば宅配便などを利用してなんとかすることもできますが、予想以上に残ってしまった場合は宅配便やレンタカーでは結局高くついてしまいますね。

段ボール抱えて電車移動というのも現実的ではありませんので、車を持っていない場合は避けた方が無難です。

逆に、自分でハイエースなどの大きめのバンや軽トラックを持っているのならば積極的に利用の検討をすると良いでしょう!

③ スケジュールに余裕がある

積み残しが多くて自家用車では一度に運べなかった場合、何度か往復する必要が出てきます。 そういう場合に備えて、引っ越し日から退去日までに少しスケジュールの余裕を持たせておけると安心です。

積み切れなかった荷物は、後日にでも車で何往復かして運ぶなり、要らなければ処分してしまうなりすれば大丈夫という心の余裕があれば、安心して積み込みプランを利用することができます。

引っ越し日が旧住所の契約終了日になっている場合は荷物を残して置いておくことが許されないため、当日になんとかしなければならなくなってしまいます。 そういう切羽詰まった状況を避けるためにも、スケジュールの余裕は欲しいところですね!

以上の3点をクリアしていれば万一の場合でもしっかり対応できますので、安心して積み切りプランで契約することができます。

このように条件が揃っていてこそ積み切りプランを利用して費用を抑えるのがオススメです!

どんな場合にオススメ?
  • 積み切りプランにした方がお得になる「積み切れるかどうか微妙なライン」の荷物量である場合
  • 近距離の引っ越しである場合
  • 自分で残った荷物を運ぶ手段を持っている場合
  • スケジュールに余裕がある場合

6. 積み切りプラン利用の際の注意点

以上を踏まえて積み切りプランを利用すると決めた場合、当日の引っ越し作業においてもいくつか注意点があります。

① 「これは必ず積み込んで欲しい!」というものを把握しておく

まず1番の注意点は、積み残されては困るものを把握しておくことです。自分で運べる段ボールなどが残る分には良いですが、自分で運べないようなものが積み残っていたら困ってしまいます。

例えば極端な話、冷蔵庫を置いていかれてはどうしようもありませんよね?

また、自分の車は軽自動車なのに自転車が残されていても困ってしまいます。

逆も然りで「これは最悪処分でもいいかなー」と思っていたものを最初の方に積まれてしまっては、後から取り出すことはできません

このような事態を避けるため、必ず積み込んで欲しいもの、逆に優先順位の低いものを把握しておくことが何より重要です。 把握さえできていれば、それを当日の現場担当者に伝えてスムーズな作業が行えるでしょう!

② 積み込みの順番が普通の引っ越しと逆になる

積み切りプランでは、普通の引っ越しと積み込みの順序が逆になるのが普通です。 一般的な全ての荷物を運び切る引っ越しの場合は、まずは段ボールや衣装ケースなどの小物から積み込んでいき、徐々に大きい家具・家電などを積み込んでいきます。 これは、大きな荷物を搬出したり、新居で搬入する際に細かい荷物はない方が運びやすいという業者側の都合です。

しかし積み切りプランでは、大きな家具家電を積み残すとお客さんが困ってしまうため、普通とは逆に最初の方に大物の家具・家電を積み込んでしまい、最後に段ボールなどを積み込んでいきます

そのため、「業者さんが段ボールとか運んでいる間にタンスや本棚のもの片付ければいいや」という風にはいかないということを覚えておきましょう!!

また、①とも重複しますが、大きいもので処分の検討をしているものがあるのならば確実に把握して担当者に伝えておかないと先に積み込まれてしまうので注意しましょう!

③ トラックの積み込み方を確認する

これは念のためですが、途中トラックの積み込みの様子を確認しに行った方が安心かと思います。 基本的には大丈夫だと思いますが、中には悪意のある作業員や単純に積み込みの上手くない作業員が積み込みに当たっている場合もあります

甘い積み込みをされて積み切れなくなってしまったら悔しいですので、途中確認しに行って荷台の上の方までしっかり荷物が積まれていることを確認しておきましょう!

利用時の注意点
  1. 絶対に積み込んで欲しいものと処分を検討したいものを把握しておく
  2. 積み込みの順番が普通と逆で、大きい家具家電などが先で段ボールなどが後になる
  3. 当日はトラックの積み込み方を確認する

7. まとめ

以上、引っ越しの「積み切りプラン」について、しっかり解説していきました。最後に要点を確認しておきましょう!

まとめ
  • 積み切りプランはお得に引っ越しできる場合もあるが、リスクがあるので要検討!
  • 近距離の引っ越しでスケジュールにも余裕があり、自分で残った荷物を運ぶ手段を持っている場合ならオススメ!
  • 利用時は、確実に積み込んで欲しい荷物と処分検討の荷物はしっかり把握しておくこと

以上を踏まえ、「積み切りプランを使えば最安値で引っ越しできる!」と自分で判断できたのなら利用してみましょう!

ただし、もし積み切りプランじゃなくても同じくらいの費用やもっと安く引っ越しできる業者が他にあったりしたのなら、当然余計なリスクは避けた方がいいに決まっています。もし他の業者の検討が十分でないのなら、まずは他の業者への見積もり依頼(=「相見積もり」と言います)をしてみることから始める方がオススメです。

以下の「合わせて読みたい」を読んでいただければ相見積もりにオススメのサービスを紹介していますので、検討の参考にしてみてください!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です