引っ越し費用が安くなる一括見積もりサイトを強みで比較!! 本当に選ぶべきサービスはどれ?

引越し業者選びの定番・一括見積りサイトをご存知でしょうか? 一括見積りサイトとは、複数の引越し業者にまとめて見積もり依頼を出して比較するためのサービスです。

複数の引越し業者に見積りを出してもらって比較することを「相見積もり」と言います。

相見積もりをすることで引越し費用は確実に安くなります。 こちらも引越し費用について詳しくなりますし、相場も分かってくるので値段交渉が有利になります。 それに業者側も他社との価格競争の意識がはたらきますので、積極的に値引きするようになり、安い見積もり金額を出してもらいやすくなるのです。

逆を言うと、相見積もりをしないと適正価格にすらならない可能性もあります。 引っ越しには定価が存在しないため、ちょっと極端な言い方をするならば”引越し業者の言い値“で見積り金額が決まってしまうということです! つまりは、こちらが無知のままでいて1社だけの見積りで決めてしまうと、相場よりも高い料金を提示されていることもあるということです!

わかりやすいように少々大げさに書いた部分もあります。 実際のところ、高めですが一応の「定価」と呼ばれるものは存在します。 引越し費用について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

引っ越し見積もり金額が決まるカラクリ!!値段が業者の”言い値”で決まってしまう理由と対策

2020年2月24日

引越し費用にはそのような特徴があるため、相見積りは絶対に必要です。 相見積りを簡単に行える一括見積もりサイトは引っ越しするなら利用必須と言ってもいいようなサービスなのです!

ただし、あとで説明する通り一括見積もりサイトにはデメリット・注意点があるので無計画に使うと後悔する場合もあります。 よく理解して利用しましょう。

しかし悩みのタネなのが、「どの一括見積もりサイトを使うのが良いのか?」ということです。

一括見積もりサイトと言っても『引越し侍』『ズバット引越し比較』『SUUMO引越し見積もり』などなどたくさんの種類があります。 どれがいいのか調べてみても、あるサイトでは「引越し侍がオススメ!」と書いてあったり、別のサイトでは「引越し侍にはデメリットがある。SUUMO引越し比較が1番!!」など違うことが書いてあったりするので、結局は悩んでしまいます。

さらには口コミサイトでは「『ズバット引越し比較』使ったらクソすぎた。二度と使わない」「『引越し侍』は詐欺。絶対に使わないように!」だとか気になる酷評が割とたくさん見つかることでしょう。

スマホのおかげでたくさんの情報が手に入るようになりましたが、今度は情報量が多すぎてどれを信じたらいいのか分からなくなってしまいますよね…
そう、これだけ世の中が発展して情報が簡単に手に入るようになったというのに、そのせいで逆に正しい選択が難しくなっているのです!

こんな状況で何が大事なのかと言うと、それは「物事の本質を見極める力」です。 白か黒かじゃなくて、その間のグレーゾーンで自分なりの答えを見つけることです。

実際のところ、引越し一括見積りサイトにしたって「このサイトが素晴らしい! こっちのサイトはよくない!」なんて単純な話ではありません。それぞれに特徴や強みがあり、デメリットもあります

だからこそ、重要なのは以下のような考え方をもつことです。

一括見積りサイト選択・利用の重要ポイント
  1. 選択肢を一通り知り、その特徴 (メリット・デメリット) を正しく捉えること
  2. 人の意見ではなく、どれが自分にいちばん合っているのか考えること
  3. 注意点をしっかり理解して利用すること

今回はそれぞれに強み・特徴があって利用価値のある引越し一括見積もりサイトを6つ紹介し、比較していきます。 先ほどのポイントを踏まえてそれぞれの選択肢を検討し、最も合ったものを利用するようにしましょう! 比較していくサイトは以下の5つです!

  • 引越し侍
  • ズバット引越し比較 (※ 以下「ズバット」)
  • LIFULL引越し (※ 以下「LIFULL」)
  • SUUMO引越し見積もり (※ 以下「SUUMO」)
  • 引越しの達人セレクト (※ 以下「引越達人」)

それでは早速、比較検討していきましょう!

「そもそも一括見積もりサイトって何?」「一括見積もりサイトについてもっと詳しく知っておきたい」という方は先にこちらの記事をご覧ください。

引越し費用が安くなる「一括見積りサイト」とは? 気をつけるべきポイントも徹底解説!

2019年12月16日
また、記事の最後に、まったく新しいシステムを採用した次世代型の一括見積りサイト『引越しラクっとNAVI』について紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください!!

1. 一括見積りサイト選びのポイント

最初にお伝えした重要ポイントの通り、どの一括見積もりサイトにもそれぞれに強みがあり、特徴があります。 実を言うとデメリットの方はほとんどサイトでほぼ共通なので、強みこそが一括見積りサイトを選ぶ判断基準となるのです!

では、それぞれのサイトの強みは何なのでしょうか? 強みをもとにサイト選びをするポイントをまず簡単にまとめておきましょう!

強みで選ぶオススメの一括見積りサイト
  • できる限り最安値を掴みたい → (1位) 引越し侍・(2位) ズバット
  • サービスの使いやすさを重視したい → (1位) ズバット・(2位) LIFULL
  • 電話の集中砲火を受けるのはイヤだ → SUUMO引越し見積もり
  • ネットだけで概算見積もりを出してもらいたい → 引越し侍LIFULL
  • 赤帽を一緒に検討したい → LIFULL
  • 利用特典が欲しい → 引越達人
『赤帽』とはすごく簡単に言えば、近距離の単身引っ越しに強い格安業者です。 ただし割とデメリットもあるので利には注意が必要です。 詳細は以下の記事をご覧ください

単身引っ越しが安いと評判の赤帽とは? 赤帽の特徴・料金やメリット・デメリットを解説!!

2020年2月21日

2. 一括見積りサイトのデメリットや注意点を知っておこう

さて、さっそく詳しい比較へと言いたいところですが、その前に多くの一括見積りサイトに共通して言えるデメリット・注意点を把握しておきましょう。 これを把握しているのといないのとでは大きく変わりますので、よく理解しておきましょう!

多くの一括見積りサイトでは2つのデメリットというか注意点があります。

多くの一括見積もりサイトに共通するデメリット・注意点
  1. 申し込むと複数の引越し業者から一斉に営業の電話が来て電話が鳴り止まない
  2. サイトの運営からインターネット回線やウォーターサーバーなどの営業電話が来る

① 引越し業者からの怒涛の電話

電話についてはある程度仕方のないことかと思います。 業者側としては見積りの依頼があったから仕事として電話かけているわけですしね。 こっちが申し込んだわけですし。

ただ、デメリットとして取り上げられがちなのは、その勢いがすごいことと、予想以上に申し込んですぐに電話がくるってことです!!

一括見積もりサイトの電話に関する口コミを見てみると、以下のような意見がいっぱい見つかります。

一括見積りサイトの電話に関するTwitterでの口コミ例


予想していないところに怒涛の勢いで電話かけられたら確かに面食らいますし、げんなりしますよね。

ただ、これには簡単な解決策がありまして、それは最初の電話数件にちゃんと出ること、ただそれだけです! なんでこんなにもみんなウンザリして酷評しているかといいますと、大抵の場合ちょっとした空き時間とか落ち着いて電話に出られないタイミングで申し込みをしてしまっているからです。 それで最初の電話に出られず、そうするとそれぞれの業者が各自のタイミングで電話掛け直してくるし、連絡取れないからメールも送ってくるしで、だんだん嫌になってくるわけです。

私自身も引越し侍、ズバット、LIFULLの利用経験がありますが、実際のところ最初の電話数件にさえ出てしまえば、だんだんと電話も落ち着いてくる印象です。 だいたい申し込んでから30分〜1時間もあれば一通りの業者と連絡が取れ、電話見積りしてもらうなり訪問見積もりの予約をするなりの対応が出来てきますので、その後は業者からも最低限の連絡しか来なくなります

そのため、必ず一括見積もりサイトへの申込みは30分以上の時間が取れるタイミングで、落ち着いて電話に出られる環境で行うようにしましょう!

② インターネット回線やウォーターサーバーなどの営業電話

こちらの方は個人的に正直ちょっとよろしくないなという印象があります。 利用者特典とかキャンペーンとかの名目で「引越し先でインターネット回線のご利用の予定はありますか? 無料サポートしますよ!」とか言ってくるんですが、結論すべてサクッと断りましょう

「月額料金が今までより安くなる」とか「キャッシュバックが受けられる」とかお得そうな話をしてきますが、やめておくのが無難です。 そもそもの話、月額料金がかかり違約金があるサービスを自分でよく検討せずに申し込むのは危険しかないです。

確かに勧めてくるもので月額料金が安くなることもありますし、キャッシュバックも受けられることはありますが、別にここでやる必要ありません。 もっと自分でよく検討して、いい条件のところ探して納得して申し込んだ方がいいに決まってます。 聞く必要もありませんので、すぐに断りましょう

以上2つの注意点は一括見積りサイトを利用する上で重要ですので、もう一度まとめておきましょう。

一括見積りサイトの注意点と対応策
  • 申し込みすると途端に引越し業者から鬼電されるので、30分以上ちゃんと落ち着いて電話に出られるタイミングで利用する
  • インターネット回線やウォーターサーバーなどの営業はお得そうに思えても全部断る

デメリットについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!

一括見積サイトは危険? デメリットもある? ちゃんとした理解を深めて判断しよう!

2020年3月4日

3. 一括見積りサイト比較

それでは、今回のメインとなる一括見積りサイト6社の比較に入っていきましょう。 それぞれに強み・特徴がありますので、それをしっかりと把握していきましょう!

① 基本事項の比較

さて、まずはサービスの基本的情報から比較してみましょう!

サイト名 運営企業 上場 サービス開始 提携業者数 利用者数 個人情報保護 備考
引越し侍 エイチーム引越し侍 上場 2006 290
(2019年12月現在)
3662万
(2019年9月現在)
Pマーク取得済
ズバット引越し比較 (株)ウェブクルー 非上場
(上場経験有り)
2003 225
(2020年3月現在)
560万
(2019年12月現在)
ISO取得済 元々上場企業だったが他社の完全子会社となったため上場廃止した
LIFULL引越し (株)LIFULL MOVE 上場 2015 130
(2019年12月現在)
非公開 ISO・Pマーク取得済 かつては「HOME’s引越し」という名称だった
SUUMO引越し見積もり リクルート住まいカンパニー 上場 2012 104社 (2020年3月現在) 非公開 Pマーク取得済
引越し達人セレクト 株式会社グライド 非上場 2001 67社 (2019年12月現在) 非公開 なし SBIグループ運営の「AtoZ引越し達人」というサービスが前身。2014年よりグライドが事業譲渡され改名して運営
ISO認証・Pマークはどちらも個人情報保護に関する規格です。 ISO認証は国際規格で、Pマークは国内規格です。どちらにせよ、これらの認証を受けているということは、個人情報保護に関する一定の基準をクリアしていて、それについての監査を定期的に受けているということになります。

この表で特に見るべきポイントは「提携業者数」と「利用者数」です。

(1) 提携業者数

提携業者数は多ければ多いほど良いと言って差し支えありません。

そもそも、一括見積りサイトの目的は多くの選択肢の中からよりお得な引っ越し業者を探すことそして少しでも安く引っ越すことですよね? それならば、少しでも多くの選択肢の中から探した方が良いのは当然ですね!

基本的にどのサービスだって大手引越し業者(アートやサカイ、日通など)や有名な中小引越し業者(アーク・ハートなど)は網羅しておりますので、提携業者数の違いはどれだけ地域密着の小さい引越し業者までカバーしているかの違いと言えるでしょう。

そのような地域密着の小規模引越し業者は有名な引越し業者に対抗するため、地域や条件を限定して価格を安くして勝負している業者も多数存在しています。 そのような業者を見落としてしまってはギリギリまで最安値を見つけることは無地かしくなってしまいます

また、たとえば「100社の業者と提携している比較サービス」があったとしても、実際に自分の引っ越しで利用できる選択肢は100社すべてというわけではありません。 100社の中には地域密着型の小規模な引越し業者も数多く含まれていますので、その中から実際に利用できる選択肢は20社かも知れませんし、10社もない場合だってあります。 そのようなことを考えると、もともとの母数は多いに越したことはないのです!!

本来なら複数社の競争になるから費用を安くできるのですが、そもそもの提携業者数が少ないと価格競争が十分に起こらず、結局高いままの料金になってしまいます。

(2) 累計利用者数

これも当然多いほど良いと行って良いでしょう。 利用者数とは単純に言ってサイトの実績です。 そして実績を積んでいるということはそれだけノウハウも蓄積されてるということでもあります。

また、利益が出ているからこそ細かい部分までサービスとして利用者に還元できることだってあります。 やはりどれだけの人が利用しているかはチェックしておきたいポイントですよね!

(3) その他の項目

その他でチェックしたいのは以下のようなポイントです。

  • サービスの運営元は上場しているのか
  • PマークやISO認証は取得してあるか
  • サービス運用歴はどのくらいか

やはりこれらの項目も会社やサービスの信用性にかかわる問題です。 選ぶ際の1つの参考にしてみましょう!

② それぞれの強み

基本事項の比較表を見るのも大事ですが、それ以上に大切なのはサイトごとの特筆すべき特徴・強みです。 強みを比較して自分に合っているものをチョイスするのが極めて重要です。

(1) 引越し侍

引越し侍の1番の強みはシンプルに「提携業者数」の多さです。 業界最多の提携業者数を誇っており、これはシンプルながらもこれ以上ない強みです。 少しでも安いところ見つけたいのなら引越し侍を利用するのが最も可能性が高いと言えるでしょう。

また、このように数値的な部分での強みがハッキリしている分なのか、引越し侍のHPや運営元の公式HPを見てみると他の一括見積りサイトに比べて自社のサービスについての様々な情報をオープンに開示している点に気づきます (比較表からサイトは覗けます!)。

それだけ実績もあり、サービスに自信があることの表れでしょう。 このように、基本情報の比較表の項目以外に特筆すべき点はあまり引越し侍ですが、基本がしっかりしているからこそシンプルに強く、個人的には1番オススメの一括見積りサイトです!

引越し侍の特徴
  • 提携業者数が業界最大の290社なので、最安値をつかめる可能性が最も高い
  • 利用者数の実績も圧倒的に最多
  • 運営元も上場企業でPマークの取得をしており、サービス開始も古いので信頼性が高い
  • 引越し侍のHPや運営元会社の公式HPでしっかりと情報開示している
  • 「ネット料金比較・予約サービス」と「一括見積りサービス」の2つのサービスが利用できる

最後の一点について触れてなかったので最後に解説しておきます。 引越し侍は実は2種類のサービスを運営していて、「引越し業者の一括見積りサービス」の他に「ネット料金比較・予約サービス」というものも利用できます。

「ネット料金比較・予約サービス」とは引越し前後の明確な住所とハッキリとした引越し予定日の入力が必要なのですが、それらの情報と運びたい家財をちゃんと入力することで、ネットだけで各社の見積り金額を出してもらって一覧表示し、比較してそのままネット予約まで可能なサービスです。

一括見積りを使い自分で電話して交渉した方が安くはなりやすいですが、手間なく業者選びをしたい場合はかなり便利なサービスです!

こちらのサービスも利用できる点は引越し侍のひとつの強みですね。

(2) ズバット引越し比較

ズバットは提携業者数・利用者数面で唯一引越し侍と競えており、こちらも業界最大規模です。 そして私が思うズバットの1番の強みはサイトの使いやすさです! サービス面に以下のような細かい工夫がなされております。

ズバット引越し比較の強み
  • 業者からの電話を受ける時間帯を指定できる
  • 見積り依頼する引越し業者を自分で選択して依頼することができる (条件に合わせてセレクトされた10社の中からの選択)
  • マイページから見積り結果の比較表をつくることができるので、自分なりに分かりやすくまとめて判断できる

特に1つ目に挙げた希望連絡時間帯が指定できる点は、デメリットを軽減することにもなりますので見逃せませんね。 このように業界最大規模の提携業者数を誇りながらも使いやすいサービスを展開しているので、ズバットも非常に利用価値が高いと言えますね!

(3) LIFULL引越し

LIFULLは比較表で見る提携業者数では少なく見えますが、実は実質的な提携業者数は非常に多いです。そう言いますのも、『赤帽』『ハトのマークの引越センター』という協同組合形態(※)の組織をまとめて一社と数えているようで、それらの数を考えたらかなりの業者数になるからです。

※ 協同組合と言われてもピンと来ないかも知れませんが、小規模な個人事業主が集まってつくる非営利の大きな組織のことです。 分かりやすい例を挙げるなら『農協』があります。 農協は個人の農家さんたちが集まり協力して共同運営する非営利組織です。 つまり、農協自体としての利益は求めていません。 農協の目的は、個人の農家では難しい流通面などをみんなで協力して整えることで、それぞれの農家が利益をあげやすくすることです。

これと同じで『赤帽』や『ハトのマークの引越センター』も1つの会社組織ではなく、小さい事業主が集まって『赤帽』や『ハトのマークの引越センター』という大きな組織をつくっています。 それぞれの業者はその看板を使うことで自社の存在を利用者に知ってもらえますし、信頼も高まって予約をもらいやすくなります。 また、組織としての配車センターを設けることで、本部で予約を受注してそれぞれの業者に仕事を振ったりもできるようになっています。

そしてLIFULLの1番の強みは業界で唯一『赤帽』と提携している点です!

『赤帽』は軽トラや軽バンと言った軽自動車で輸送を行う運送業者が集まって運営している協同組合です。 赤帽は近距離で家財量の少ない引っ越しを得意としており、料金的には非常に安く行えるメリットがあります。 基本的にドライバーひとりで来るので作業を手伝う必要があるなどのデメリットもあるので万人向けではないのですが、単身引っ越しを安くあげる方法として人気があります。

単身引っ越しが安いと評判の赤帽とは? 赤帽の特徴・料金やメリット・デメリットを解説!!

2020年2月21日

そして、そんな赤帽と提携している一括見積りサイトはLIFULLだけですので、赤帽の利用を検討しているのならLIFULLを使えばその他の引越し業者と一緒に見積りが取れて非常に便利です。

また、LIFULLにはサイト自体が使いやすいというメリットもあります。 以上も踏まえてLIFULLの強みをまとめておきましょう。

LIFULL引越しの強み
  • 業界で唯一『赤帽』と提携している
  • 提携業者数は100社程度と書いてあるが、実質的な提携業者数はかなり多い
  • 見積り依頼する引越し業者を自分で選択して依頼することができる (条件に合わせてセレクトされた対応可能業者一覧からの選択)
  • 「一括見積りサービス」だけでなく「ネット料金比較・予約サービス」も利用可能で、しかも1度のデータ入力だけで2つのサービスをまたいで利用できる

このように、『赤帽』と提携しているだけでなくバランスの取れた良いサービスを展開しているのがLIFULL引越しです。 検討したい1つの選択肢には入ってくるでしょう。

(4) SUUMO引越し見積もり

SUUMOの強みはなんと言っても電話番号の入力が任意となっている点です!! これは他の一括見積りサイトでは見られないことで、一括見積りサイトで1番懸念される「引越し業者からの鬼電」を完全に防ぐことが可能という大きなメリットがあります。

また、SUUMOもズバットやLIFULLと同様に対応可能業者の中から自分で好きな業者を選択して見積り依頼をすることが可能です。

これらの見逃せないメリットはありますが、提携業者数が少ないという大きなデメリットもあり、引越し侍やズバットほど安い料金を見つけられない可能性もあることは理解した上で利用する必要があるでしょう。

また、電話番号の入力が不要だと言っても荷物の量が多い場合はどうしても電話やり取りする必要が出てきますし、そうでなくても電話見積り必須な業者もあります。 その場合はメールにて直接電話番号を聞かれることになるので、必ずしも電話一切なしで見積もりできるとは限らないことは覚えておきましょう。

SUUMO引越し見積もりの特徴
  • 電話番号の入力をしなくとも良い
  • 見積り依頼する引越し業者を自分で選択して依頼することができる (条件に合わせてセレクトされた対応可能業者一覧からの選択)
  • 提携業者数が少ないというデメリットもある

(5) 引越しの達人セレクト

引越達人はかなり古くからある一括見積りサイトで、今回紹介している中で最も運用歴の長いサービスです。しかしながら提携業者数などの面では弱く、累計利用者数の開示もありません。

引越達人の強みをあげるのならば利用者特典です。 「WELBOX」という福利厚生サービスと提携しており、サイトの利用者はこちらのサービスに登録できるという特典がついています。

WELBOXを利用することでホテルや映画館、買い物など日常の様々な場面で使えるお得なクーポンが利用でき、新生活スタートの買い物などもお得にすることが可能です。

ただし、その他の特典については他社と同様インターネット回線の契約が必要だったりあまり使えるものはないので、引越達人はWELBOXに登録したい場合に選ぶと良いでしょう。

引越しの達人セレクトの特徴
  • 利用者特典として「WELBOX」というクーポンサイトに登録できる
  • 高額キャッシュバックなどの特典も記載があるが、あれはほぼ受け取り不可なので注意
  • 提携業者数が少ないデメリットがある

4. 一括見積りサイト比較まとめ

以上の内容をまとめておきましょう!

一括見積りサイトの特徴比較
  1. 引越し侍
    • 提携業者数・利用者数が業界No.1
    • 提携業者数が多いので最も安くなりやすいのが強み
    • 一括見積りサービス」と「ネット料金比較・予約サービス」の2つのサービスがある
  2. ズバット引越し比較
    • 引越し侍に次ぐ提携業者数・利用者数
    • サイトの使いやすさが強み
    • 業者から電話を受ける時間帯を指定できる
    • 見積り依頼する業者を自分で選択できる
    • マイページがあるので見積もりの比較表をつくれる
  3. LIFULL引越し
    • 唯一『赤帽』も一緒に一括見積りできるのが強み
    • 見積り依頼する引越し業者を自分で選択してできる
    • 「一括見積りサービス」だけでなく「ネット料金比較・予約サービス」も利用可能で、しかも1度のデータ入力だけで2つのサービスをまたいで利用できる
  4. SUUMO引越し見積もり
    • 電話番号の入力をしなくても良い
    • 見積り依頼する引越し業者を自分で選択して依頼するこ とができる (条件に合わせてセレクトされた対応可能業者一覧からの選択)
    • 提携業者数が少ないというデメリットもある
  5. 引越しの達人セレクト
    • 利用者特典として「WELBOX」というクーポンサイトに登録できる
    • 高額キャッシュバックなどの特典も記載があるが、あれはほぼ受け取り不可なので注意
    • 提携業者数が少ないデメリットがある

このようにそれぞれに強みやデメリットがありますので、重要なのは何を重視してどれを選ぶかです。 自分に合ったものを選んで利用しましょう!!

5. 一括見積りサイトで値段交渉して安く引っ越そう!

さて、利用したい一括見積りサイトは決まったでしょうか?
決まったらさっそく申し込みと言いたいところですが、その前にせっかくですので、より安い見積り金額を引き出す交渉術を身につけておきましょう!!

たとえばですが、以下のように値段交渉していくことで出来る限り安くできる可能性が高くなります。

最安値を引き出す値段交渉の仕方例
  1. 最初に見積もりしてもらった業者Aには見積もり金額を聞いたら「他社とも比較したいので、検討してまた電話させていただきます!」と一旦断る
  2. 2社目の業者Bの見積もりのとき
    • Aより安い場合 : 先ほどと同じく「他社とも比較して連絡します!」と一旦断る
    • Aより高い場合 : 「先に見積もりしてもらった業者さんでもっと安いところあったのですが、どこまでなら値下げできますか?」と聞いてみる
  3. AとBの見積もり金額のうち安かった方を基準にして、3社目以降も同様に繰り返す
  4. 一通りの業者の見積もりが出揃ったら最後にAにもう一度電話をかけて「他社でA社さんよりも安いところがあったのですが、A社さんはいくらまでなら値下げできますか?」と交渉してみる。
  5. これで各業者の最安値を一通り引き出したことになるので、あとは口コミや営業担当の感じの良さなども考えて依頼先を決める

ポイントは「自分の予算」や「他社の見積り金額」は教えないことです!! はっきりした金額を教えてしまうと相手に基準となる金額が分かってしまうので本当はもっと値引きできるのにそうしなかったり、「それより安ければ決めてもらえますか?」などと面倒なこと言われたりしてしまう可能性があります。

極力は相手が有利になるようなことはわざわざ教えず、「ちょっと具体的な金額は他社には言わないでくれって言われちゃったのですみません」とはぐらかしつつ、「でも、○万円は切ってましたね」とか安かったことだけ匂わせてプレッシャーをかけておくのが得策です!

その他、別の交渉術や見積もり前のポイント・注意点などはこちらの記事でまとめてありますので、よかったら参考にしてみてください!

引っ越し見積もりの値引き交渉テクニック【最安値を狙うコツ】

2020年2月26日

6. まとめ

以上、一括見積りサイトを比較して、最後に見積もりのコツまでお伝えして参りました。 最後にもう一度里選びのポイントをまとめておきましょう!

強みで選ぶオススメの一括見積りサイト
  • できる限り最安値を掴みたい → (1位) 引越し侍・(2位) ズバット
  • サービスの使いやすさを重視したい → (1位) ズバット・(2位) LIFULL
  • 電話の集中砲火を受けるのはイヤだ → SUUMO引越し見積もり
  • ネットだけで概算見積もりを出してもらいたい → 引越し侍LIFULL
  • 赤帽を一緒に検討したい → LIFULL
  • 利用特典が欲しい → 引越達人

強みやデメリットをよく理解して、自分にあったものをチョイスするようにしましょう!!

◎ 「次世代型一括見積りサイト」というもう一つの選択肢

最後に、新しく生まれたまったく新しい形の一括見積りサイト『引越しラクっとNAVI』(以下「ラクNAVI」とも)を紹介させて頂きます!!

『引越しラクっとNAVI』はここまで紹介してきた5つの一括見積りサイトとは根本的にシステムが異なってる次世代型の一括見積りサイトです。

従来型の一括見積りサイトは「複数の業者に一括して見積り依頼を出すためのサービス」でしたが、ラクNAVIはそれとはまったく違い、「コンシェルジュが窓口となって引越し業者の一括見積りを代行してくれるサービス」です。

そのため、最初に一度ラクNAVIの担当コンシェルジュと電話1本だけして条件や希望を確認してもらえば、あとはコンシェルジュが引越し業者各社と連絡をとって見積もりを出してくれます。 しかもこの時点では名前や電話番号などの個人情報は明かさずに見積もりを出してもらうので、実際に契約を決めたところにしか個人情報が渡らないというメリットもあります。

そのため、当然ながら「引越し業者からの嵐のような電話」を受けることは一切ありません

さらに、オプションサービスの「インターネット回線サポート」も下請けに出したりせず、自社に専門スタッフを用意しており契約できる回線の種類も一通りのものを取り揃えており、他のサイトとは違って信頼性があり便利に利用できるオプションサービスとして作り直しています。

このように、従来型の一括見積りサイトのデメリットを克服した次世代型として登場した『引越しラクっとNAVI』は非常に検討価値の高い一括見積りサイトです。

ただしデメリットがないわけではなく、提携業者数が少ない点はデメリットですが、料金面ではそれをいくらかカバーできるシステムを持ち合わせています。

それでも提携業者数が少なく相見積りで少々不利なデメリットはありますので「値段交渉に自信があり、自分でやりたい人」「嵐のような電話攻撃が別に気にならない人」であれば従来型の『引越し侍』や『ズバット引越し比較』などをオススメします。

しかしそうでない方には非常にメリットが大きい『引越しラクっとNAVI』の利用がオススメです。 もっと詳しくは以下に詳細記事がありますので、こちらをご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です