単身パックで引っ越しするならどこが安い? おすすめ業者5社の料金や特徴を比較!

引っ越し業者の検討をしていると、周りの人やネット上からこんな情報が入ってくることありませんか?

  • 「一人暮らしはじめるなら引っ越しは日通の単身パック使うといいよ!」
  • 「ヤマトの単身パック使ったら¥20,000くらいで楽に引っ越せたよ!」

いま現在、単身引っ越しでもっとも人気があるのは「単身パック」です! リーズナブルな価格設定見積もり不要で簡単予約できる点が人気の理由です。

「単身パック」の元祖は日通で、2004年に「単身パック」というサービス名を商標登録しています。そのため本当を言うと日通以外で「単身パック」という言葉を使うのは間違いなんですが、いまや日通の「単身パックS・L」などと似たサービス内容ならどこの業者のサービスだとしても「単身パック」と言ってしまうのが世間では一般的です。

単身パックで有名なのは、日通の他にはヤマト運輸 (ヤマトホームコンビニエンス)佐川急便 (Sgムービング)などがありますね! 日通・ヤマト・佐川のように本来は運送業がメインで、引越し業を兼業している引越し業者が主として単身パックを展開しています。

今回の記事では。そんな兼業引越し業者である「日通・ヤマト・佐川・西濃運輸」と、その他の代表として中小引越し業者の『プロスタッフ』を入れて5社の単身パックについて、各社の特徴や料金を比較してみましょう!

なお、その前に「単身パック」について詳しく知りたい方はこちらの記事を先にご覧ください!

単身引っ越しでお得な「単身パック」とは? メリット・デメリットや対応業者を徹底チェック!!

2020年2月6日

1. 単身パックならまずは『日通』をチェック!! でも条件によってはもっとお得な選択肢もあるので要検討

単身パックは一般的に、リーズナブルで分かりやすい価格設定が嬉しい単身向けの単身引っ越しサービスです。 そんな単身パックを利用したいなら、まず1番にチェックしたいのは単身パックの元祖である『日本通運』です!!

日通は豊富な単身パック商品を展開しており、その中でも中心サービスである『単身パックS』『単身パックL』は非常に良いサービスです。 ただ安いだけではなくて、ネットだけで簡単に料金を調べられますし、基本価格表を確認したり、割増や割引の金額や適応条件もちゃんと分かるようになっている つまりは、料金の透明性が高くてユーザー目線のサービスだと言えますね!!

しかも全国どこでも利用できますので、単身パックを検討している方ならまずは日通の単身パックをチェックしてみて欲しいと思います!

ただし、だからと言って日通しか検討しないで決定してしまっては非常にもったいないです。 いくら単身引っ越しと言っても荷物の量や種類はマチマチですし、引っ越す距離も人によって違いますから、必ずしも日通の単身パックが最善とは限りません

というよりも、そもそも私がオススメしているのはただ単に「日通がオススメ!」ってことではなくって、「まずは日通の単身パックだといくらなのか調べておいて、それを基準に業者探しをはじめましょう!」ということなんです!! 実際、日通の単身パックはかなりいいサービスなので最終的にそれになる可能性は多いにありますが、デメリットだってあるので合わない場合も全然ありえます。 また、条件がマッチすれば他社の単身パックだったり、あるいは単身パックじゃない方がお得な場合だってあります。

そんなことを前提として頭に置いておきながら、各社の単身パックを比較していきましょう!!

単身パックならまずは日通をチェック
  1. さすが「単身パック」の元祖は伊達じゃないので、単身パックならまずは『日通』をチェック
    • 日通の『単身パックS』『単身パックL』は料金の透明性が高くてわかりやすいのが大きな特徴
    • 料金設定もリーズナブルな上、大手として保障面や作業品質の信頼性も高いので、まずはとりあえず日通の料金・サービス内容を確認しておくと良い
  2. 日通を確認した上で、日通のサービス内容・料金を基準にして他社の単身パックやその他の選択肢を検討するのがベストな選択肢

2. 各社の単身パックの特徴

それでは、まずはじめに日通・ヤマト・佐川・西濃運輸・プロスタッフの単身パックの特徴を一覧表にしておきましょう!

各社単身パックの特徴比較表

200307 SinglePack Compare 01
※ チャーター便 : トラック1台に荷物を積み込んでそのまま新居へ向かう引越しの輸送方法。近距離はほとんどこの方式。詳しくはこちら

※ 混載便 : 一台のトラックに複数のお客さんの荷物をまとめて入れて運ぶ引越しの輸送方法。主に中距離〜遠距離で利用される。日数がかかってしまう代わりに運賃を安く抑えられる。詳しくはこちら

それでは各社の特徴を簡単にまとめていきましょう!

① 日通の特徴

日通の特徴は、単身パックの選択肢が複数あることですね!

「単身パック当日便」は名前こそ単身パックとなってはいますが、内容的には普通の単身向け引越しプランです。 ただ、特徴的なのはWebだけで見積もり・予約が完了できることです!

また、中距離以上の引っ越しで使われる「単身パックS・L」なら非常にお得なパック料金で引っ越すことが可能です。 ところで、近距離でも使えるのか試しに問い合わせてみたところ、近距離でWeb見積もりすると自動的に「単身パック当日便」の方になってしまうため、どうしても使いたい場合は電話申し込みとのことです。 ただし、その場合Web割引がつかなくなってしまうのでお得感が薄れてしまいますね。

どのプランを用いるにしたって言えることとして、日通の単身引っ越しの特徴はネットで簡単に料金を調べられるということです。 また、最大手なので保障がしっかりしている点も見逃せません。 これらのことを考慮にいれて他社と比較すると良いでしょう。

「引っ越しは〜日通!」でお馴染み日本通運の単身パックは安くて明瞭料金!でもデメリットや注意点は?

2020年2月7日

② ヤマトの特徴

ヤマトの単身パックの内容は、言ってしまえばほぼ日通の「単身パックL」と同等のものです。 ネットで料金がわかることなどもまったく同じで、料金も同程度です。

ただ、2020年3月現在で違うのは、ヤマトは2018年に受けた営業停止処分の影響で現在もサービス対応地域を限定していますので、それが大きな差になっています。 全国どこでも対応可能になれば日通の代わりにヤマトを使っても構わないくらい良いサービスではあるのですが、今の所ちょっと使いにくさが否めないですね。

徐々に対応エリア拡大しており、今はもう中心都市ならだいぶ対応が進んでいますので、中心都市間の利用なら利用を検討してみましょう。

営業停止から復活したヤマトの単身パックはどう? 2020年の気になる現状は? 【単身引っ越し】

2020年2月10日

③ 佐川の特徴

佐川の「単身カーゴプラン」は、カーゴの大きさとしては日通の「単身パックS」と同程度です。 ただ、日通ほどWeb上での申込み環境などは整っていないこと・それと受け入れ可能な予約件数が少ないことがデメリットです。 正直に言って日通やヤマトと比べて少し遅れを取っている印象が否めないところです。

とは言え料金なども含めて悪いサービスではないので、日通などの次点として選択肢に入れておいても良いかとは思います。

また、佐川には利用できるエリアが限定的ではありますが「単身AIR CARGOコース」という航空便のプランがあり、長距離引越しを最短翌日に完了できる上に意外とリーズナブルなのでもし対応エリアだったら積極的に検討してみたいですね!

Sgムービング (佐川急便) の単身パックって実際どう? 他社の単身パックと比較検討!!

2020年2月14日

④ 西濃運輸の特徴

西濃運輸の「カンガルー単身MAX+1」は他社とは少々違った特徴的な単身パックとなっています。 まず、カーゴの大きさが他社よりもだいぶ大きく、「単身パックL」の約1.4倍積み込むことが可能です。 さらに、自転車1台をそれとは別に運ぶこともできます! そのため、荷物多めだけど単身パックを使いたい方には非常に向いていますね!

単身引っ越しに西濃運輸の単身パックはどう? 徹底解説!

2020年2月15日

⑤ プロスタッフの特徴

中小引越し業者の代表として今回とりあげたプロスタッフですが、大手とは違った戦い方でプランを立てているため、場合によっては非常にお得になる魅力的なプランを用意しています!

プロスタッフには2種類の単身パックがありますが、そのどちらも基本料金が非常に安いです。 しかも通常の方の「単身引越しパック」は専用ボックスを利用して運ぶ大手の単身パックに比べておおよそ2倍ほどの荷物を積み込むことが可能ですし、大物もOKです。

このようにメリットが大きいプロスタッフの単身パックですが、階段や立地環境などによる割増が細かく定められていますので場合によっては結局あまりお得でなくなってしまうこともあります。

しかし条件さえ合えば非常に良いサービスであることに間違いないので、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

単身パックが評判のプロスタッフに引っ越し見積もりを出してみた結果は? プラン内容や口コミ、料金相場まで詳しく解説!

2020年2月18日

3. 各社の単身パック比較まとめ

以上をもとに、5社の単身パックについてまとめてみましょう!

まとめ
  • 元祖だけあって日通はオールマイティに強い。特に中距離以上の混載便プランがリーズナブル
  • ヤマトも対応エリアさえ全国に戻れば日通に匹敵する良いサービス
  • 佐川は「単身AIR CARGOコース」が特徴的。これが利用できる条件なら検討してみたい
  • 西濃は大容量な単身パックが特徴的。荷物多めなら検討したい
  • 中小引越し業者のプロスタッフでは、「条件さえ合えば」ではあるけど大手よりもだいぶ安い料金で2倍の量を運べるお得なプラン。 このように特徴のあるプランで大手に対抗している中小業者もあるので見逃せない!

4. 単身パック以外の選択肢

ここまで単身パックを見てきましたが、単身引っ越しと言っても単身パックが1番お得とは限りません。 近距離なのか遠距離なのか、あるいは荷物の量や種類などによってはもっとお得な選択肢があることもあります。 そこでまずは「単身パックはどんなときに強みが発揮できるのか」確認しておきましょう!

① 単身パックの強みが発揮できる条件

一部例外はありますが、基本的な単身パックの強みを一言でまとめると以下のように言うことができます。

単身パックの強み
専用ボックスを使った「混載便」することで大手物流業者の全国ネットワークを活かし、中距離〜長距離引越しを効率的してリーズナブルな価格を実現すること

そのため、単身パックがお得になりやすいのは以下のようなときです。

単身パックがお得になりやすい条件
  • 中距離以上の単身引っ越し
  • ボックスに入り切らないような大きい荷物がなくて、全体的に小物〜中くらいの物である
  • そうは言ってもダンボールのみではない

3つ目の条件について補足しておきましょう。 もしダンボールのみの引っ越しでしたら正直言って単身パックを使うまでもなく、宅配便で済んでしまいます。 一般的に、ダンボールのみの引っ越しでダンボールが10箱以内でしたらゆうパックなどを使った方が安く済むでしょう。

② 単身パックのデメリット

強みを理解した上で、デメリットも確認しておきましょう。

単身パックのデメリット
  • ボックスに入らない荷物は運べない
  • 混載便なので集荷から配送まで2〜3日程度かかってしまうのが一般的
  • 1ボックスに収まりきらない場合は安いとは限らない

2点目は注意が必要ですね。 もし引っ越しを急ぐ場合は他の方法を考える必要があるでしょう。 また、使うボックス数が2ボックスになると単純に料金が2倍近くなりますので、それだと普通の単身引っ越しプランなどの方が安くなる場合も出てきます。 荷物量と相談する必要があるでしょう。

③ 単身パックと比較したい選択肢

さて、それではどのような選択肢を単身パックと比較すればよいでしょうか? 単身引っ越しに向いているのは他に以下のようなものがあります。

  • 宅配便
  • 赤帽
  • 引越し業者の単身向けプラン
  • 自分で引っ越し作業をする

宅配便については先ほどお伝えしましたが、目安としてはダンボールなどの小物のみの場合で10箱以内に収まる場合なら検討した方がよいでしょう。 より詳しくは以下の記事をご覧ください!

ダンボールだけの引っ越しなら宅配便がお得!? 最安値を掴む裏技も!!

2020年2月20日

また、近距離の単身引っ越しでしたら『赤帽』を呼ぶことも選択肢に入れておきたいです。 赤帽とは軽バンや軽トラなどを使って荷物を運ぶ個人の運送事業者が集まってできた事業組合のことで、近距離・少量の配送を安価に行えるのが特徴です。

ドライバー1人しか来ないため作業を手伝う必要があったり、保障面が弱いなどのデメリットもありますが、料金的には非常にお得になりやすいので一考の価値はあります。詳しくは以下の記事をご覧ください!

安いと評判の赤帽引越しの実態は? 各方面からの口コミ比較!!

2020年2月22日

単身引っ越しが安いと評判の赤帽とは? 赤帽の特徴・料金やメリット・デメリットを解説!!

2020年2月21日

そしてもう一つ忘れてはいけないのが、アート引越センターなどの各社引越し業者が提供する通常の単身向け引越しプランです。 確かに単身パックの方が基本的な料金設定が安いのは間違いないですが、通常の引っ越しプランは業者の都合次第で大きく値引きしてもらえる場合もありますので、下手すると何だかんだで単身パックよりお得な場合もあり得ます。 特に、100km以内くらいであれば単身パックのメリットも小さく、普通に引越し業者に頼んだほうが安いことだって多いです。

通常の引越し業者からお得な業者を探すときのコツ、というか安くするために必須なのは、複数の業者に見積り依頼する「相見積もり」です。 最安値を掴むための方法やテクニックを以下の記事でまとめてありますので、コチラも参考にしてみてください!

引っ越し見積もりの値引き交渉テクニック【最安値を狙うコツ】

2020年2月26日

はじめから単身パックで決めつけることなく、様々な選択肢を検討してみましょう!

5. まとめ

以上で今回の内容は終わります。 最後に今回の内容をおさらいしましょう!

まとめ
  1. 単身パックを検討するならまずは『日通』をチェック! !
    • 単身パックの元祖なだけあり、使いやすくて料金もリーズナブルな優良サービス
    • 大手なだけあり保障面がしっかりしており、作業品質も信頼性が高い
    • ただし、日通の単身パックが必ずしも最安値とは限らない
  2. 日通を確認した上でその他の選択肢を検討しよう!
    • 日通は簡単Webできるのがポイントなので、まずは料金を調べて他と比較する際の基準にしよう!
    • 単身パックだけで言っても、プロスタッフなどの中小業者には特徴ある単身パックを展開する業者が存在するし、西濃運輸も特徴ある単身パックをやっているので、それらも自分に合っているかどうか確認すると良い
    • 日通やヤマトの単身パックが強みを発揮できるのは特に中距離以上の単身引っ越しで大きな荷物がない場合。近距離の場合などは赤帽や引越し業者の通常の単身向けプランの方がお得な場合も多い
    • 荷物が少なすぎても宅配便の方がお得なこともある

これにて以上です! 複数の選択肢を検討して、最安値はどれなのか、そして1番良い引っ越しができそうなのはどれなのかよく検討してみるとよいでしょう!!

それでは、あなたの引っ越しがよりお得に、スムーズに終わり、気持ちの良い新生活を始められることを願っております!!

【あわせて読みたい】より良い引っ越しをするために…

AndMore EyeCatch


「引っ越し」はライフスタイルの変化のときです
どこへ行き、どこで時間を過ごすのか?
誰と過ごす時間が増え、家にいる時間をどう過ごすのか?
環境とともに、自然とライフスタイルが変わります。

そんな人生の中で大きな意味を持つ「引っ越し」というイベント。
少しでも「良い引っ越しだった」と思えるようにしたいものですよね。

でも、引っ越しは思っているより大変です。
新居選び、退去手続き、役所やライフラインの手続き、荷造り、引っ越し業者選び・・・
やることはたくさんあります。また、費用面も安くありません。

その中でも引っ越し費用はただ高いだけでなく、「相場がわかりにくい」ため注意が必要です。
時には相場が分かりにくいのをいいことに、適正料金よりも高い見積り金額を提示する業者もいます。
こちらが無知でいると「業者の言い値」でいいようにやられてしまうのです。

しかし、引っ越し費用は簡単な方法で大幅に安くすることができます。
「あること」をするかしないかで費用が半額になることもあるのです。

そこでまずは、そんな引っ越し費用や業者選びのことに詳しくなりましょう。
これから引っ越しをするあなたへ、まず読んで欲しいことをまとめましたので、まずはここからお読みいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です